世界初!誕生512GB容量拡大のiPhoneに大改造!!

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

世界初!誕生512GB容量拡大のiPhoneに大改造!!

iPhone格安修理はこちら

GeekBarがアップロードした一つのブログがデジタルテクノロジー圏内で人気になり、大きな話題になった。

そのブログはGeekBarが512GBクィックメモリのiPhoneに改造したという内容だ。

みなさま御存知の通り、今までのiPhone最大容量は256GBのクイックメモリである。

では、512GB容量のiPhoneとはどういうことだろう?

実はiPhoneの容量を拡大する方法はGeekBarが前から公開している。

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhone格安修理はこちら

iPhone6が発売された時期

iPhoneの容量を拡大する動きで業界は盛り上がっていた。

このような容量拡大のニーズを喚起させるのは理由がある。

ティム・クックが最初に16GBの容量は十分であるだろうと考えていた。

ユーザー達も16GBの容量があれば、十分に使えるだろうと思っていた。

しかし、実際の状況は、時代の変化に伴い16GBの容量では足りなくなっている。

システムの容量が占める率は大きく、ユーザー達が実際に使えるメモリ容量は10GB前後なのだ。

平均的にアプリは約100MB、ゲームは約500MBあるのでそれ以外に音楽、写真や映像などの容量は全くないとも言える。

このような時代の変化があるため、容量拡大はニーズがあるものとなった。

容量拡大の原理は複雑ではない

本来のクイックメモリチップを取り外して、データ読み書き専用の機械を使いメモリチップ内のシリアル番号、国別、色、WIFI/BTアドレスなどの本体の基本情報を読みこむ。

その後大容量のクイックメモリチップに書き込み、大容量のチップをマザーボードの所に溶接して戻す。

iPhoneのシステムを変えた後アクティベート処理したら容量拡大は完成だ。

続いて筆者が512GBのiPhoneを一台改装してみよう。

512GBメモリ

テスト&分解

GeekBarのメンテナンス作業手順では、容量を拡張する前に本体の全ての機能をテストし、マザーボードの状態も検査する。

修理歴があったり、水没による故障や、フレーム曲がりがあるものは容量を拡大する端末には適さない。

このような手順に従えればリスクを最低限度に収めることができる。

iPhone7分解

粘着剤&チップを取り外

検査を行った後、マザーボードを基盤メンテナンス専用の台に固定させる。

ヒートガンを利用しクイックメモリチップを予熱し工具を使ってクィックメモリチップ周辺の粘着剤を溶かす。

メモリを取り出す

ヒートガンでハンダ溶融の温度まで加熱し、道具を使ってチップを取り外す。

加熱した時に注意が必要なのは常に安定しないヒートガンの温度や風速、室温、加熱時間などがあるためスタッフの技術や経験が試される。

メモリを取り出す

基盤のデータを読み、書き直しをする

取り外したチップを処理した後、データ読み書き専用の機械を使ってクイックメモリチップ内のシリアル番号、国別、色、WIFI/BTアドレス等13種類の重要な基盤データを読み取る。

これらのデータは暗号化されチップに集約されたもので、唯一である。

これらのデータはアクティベートや通常使用の必須条件でもある。

新しいメモリにデーターを書き込む

データを読み取った後、データをあらかじめ用意した512GBのクイックメモリチップに書き込む。

ソフトウェアIOS10の場合、WIFI/Bluetoothのアドレスが正しく書き込まれていないとき、「iPhoneを探す」、「ApplyPay」等の機能に問題を引き起こす可能性がある。

ソフトウェアIOS11の場合、このようなデータが正しく書き込まれていないときiPhoneをアクティベートできなくなる。

沢山のユーザーは容量を拡張した後、ISO11アップデートを行うと、アクティベートできなくなっている。

それはデータの書き込みが正しくないことが原因だと考えられている。

解決方法は再度、基盤のデータを正しく書き込むことである。

ハンダ付け&溶接処理

512GBのチップデータを書き込んだら、ハンダ付けの処理する。

クイックメモリチップはBGAバッケージ技術やボール型行列のバッケージ技術を利用している。

具体的な操作は、チップをハンダボール網の下方に設置し、パッドの足の部分に合わせながらハンダを塗る。網の穴を通してハンダは全部チップの足の部分に付着されている。ハンダ溶融の温度になったらハンダは溶ける。冷却しハンダがボールの形になるまで待つ。

メモリをクリニング

続いてマザーボードパッドを処理する。

密閉処理技術を使用しているため、チップを取り外した後もマザーボードパッドに残りの粘着剤とハンダが残っている。

まずはハンダクリーニング装置を使って残ったハンダをクリーニングする。

そして工具とヒートガンを組み合わせて使い、マザーボードに残された粘着剤を取り外す。

完全にクリーニング処理されたパッドは綺麗で滑らかである。

マザーボードパッド

チップを溶接する

512GBのクイックメモリチップをマザーボードに溶接して戻す。

まず、マザーボードの上にハンダを溶かしながら付けていく。

クイックメモリチップ足の部分をマザーボードパッドに取り付け、

ヒートガンで加熱する。ハンダが溶けた後、冷却したら溶接は完成である。

メモリを取り付ける

システム回復機能テスト

溶接されたチップはそのままでは使用できない。

なぜなら、OSが書き込まれていないためである。

iTunesに接続し最新のOSを書き込みアクティベートを完成させる必要がある。

iPhoneが正常に使用できるように、容量拡大されたiPhoneの全ての機能をチェックする。

OSを書き込み

専用アプリを利用し容量拡大されたiPhoneのデータを確認する。

専用アプリはiPhoneのデータを読み取りiPhoneの細かいデータを確認できる。

表示されたデータからわかるように、容量が512GBに変更された以外、基本情報は前の状態と同じである。

メモリ取り替えた端末の情報

スクリーンシールによる密閉&組み立て

これではまだ容量が拡大されたiPhoneは完成していない。

GeekBarは高い技術をもつAppleのサードパーティーメンテナンス&プロバイダーとして、容量拡大後の動作の安定性を保つため、クイックメモリチップをもう一度シールで密閉する。

メモリを密封

組み立ての際、もう一つ注意すべき点がある。

液体や埃の侵入を防ぐために、iPhone6s以降の機種(iPhone7やiPhone8等)は全てパネルと本体の間にスクリーンシールを使用し密閉処理している。

このスクリーンシールは一度剥がしてしまうと再利用ができないため

分解した時点で使えなくなってしまう。

GeekBraはiPhoneの動作の安定性を保つために、新しいスクリーンシールを使いパネルと本体を密閉する。

防水シールを貼る

512GiBのPhone7

メモリを交換したiPhone

もし正常に動作すれば、これは世界初、容量512GBのiPhone7誕生である!

iPhoneの容量拡大について

簡単に言えば、容量拡大は元のクイックメモリチップを取り外した後、データ読み書き専用の機械を使ってクイックメモリチップ内のシリアル番号等の本体の基本情報を新たな大容量クイックメモリチップに書き込む。

続いて大容量のクイックメモリチップをマザーボードに溶接し戻し、OSの基本情報を書き込みアクティベートしたら普通に使えるようになる。

512GBメモリ

クイックメモリの容量拡大はiPhoneやiPad等IOSデバイスに向いている。

メンテナンススタッフの技術が高いなら、容量拡大したとしても内部のハードウェアに影響を与えないはずである。

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhone格安修理はこちら

当文書はGeekbarの許可を得て弊社が翻訳したものです。許可を得ずに画像および文書の転載などは禁止です。

出所:GeekBar.cc

翻訳者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com