アメモバ

iPhoneX FaceID機能が故障したiPhoneXは無料交換可能?!

iPhoneX FaceID機能が故障したiPhoneXは無料交換可能?!

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

「なるほど、iPhoneXのバックカメラ、インカメラとTrueDpethカメラシステムが繋がっているんだ!」

iPhoneXの格安修理はこちら

FaceIDはiPhoneXの新たなメイン機能として、iPhoneXがリリースされてからずっと人気となっていますが、最近、決して少なくない数のユーザーが、なんとiPhoneXのFaceID機能とバックカメラとが一緒に故障しているといいます。

これまでは「ただの偶然かもしれない」という声もありしましたが、昨日アップル社はこの件について公式な発表を公開しました。アップル社は、「FaceIDに起きた故障を修理する時、まず故障の原因がバックカメラにあるかどうかをチェックする必要がある。」との声明を出しました。

実際、iPhoneXは発売された直後、アメリカのユーザーがRedditというネット上に「FaceID機能に故障がおこった時、バックカメラにあるパノラマ、スローモーションとタイムラプス撮影機能以外の機能も全て故障しました。」という問題を質問していました。更にもう一度FaceIDを試した時には、画面に「識別不可能、しばらくしてからもう一度試してください」というメッセージが出てきたそうです。iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhoneXの格安修理はこちら

この状況に対して、アップル社は週末に全ての正式なサービスプロバイダーとApple Storeに、上記の問題に対する解決方法の書いた新しいサポートファイルを配布しました。

「まず、問題が出るiPhoneXに対して診断テストを行う必要があります。次にFaceID機能故障の問題はバックカメラにあるかどうかを判断する必要がある。最後に、問題がまだ解決できない場合、メンテナンス作業員はユーザーに対し新しいiPhoneXと交換するサービスを行う必要がある。」

しかし、バックカメラは実はインカメラにあり、FaceIDもインカメラに搭載される機能で、バックカメラとFaceID両者の間には直接の関係がないはずでした。この点についてアップル社は、実際にバックカメラとFaceIDのTrueDepthカメラシステムは繋がっていると説明しました。

簡単に言うと、iPhoneXのバックカメラには広角カメラと望遠カメラの二つの部分に分かれています。中にある広角カメラはインカメラと繋がっていて(ここで「繋がっている」というのは、あるインターフェースあるいはチップを共有していることを指しています)、一方望遠カメラはTrueDepthカメラシステムと繋がっています。これでFaceID機能とバックカメラの故障の原因を説明できます。

つまり、もしFaceIDの故障原因がバックカメラにあるならば、修理した後戻に戻るはずです。しかし、FaceIDの故障原因はインカメラあるいは他の部分にあるので、アップル社は新しいiPhoneXに交換した方がいいと勧めているのです。

実際に、IOS11.2バージョンの中にも同じなような「FaceID機能の故障」という問題が出たことがあります。ただし、当時は簡単なバグであるので、リスタートすれば問題は解決できました。

しかし、今回のFaceID機能の故障にあったユーザーの場合は、故障の原因はバックカメラやTrueDepthカメラシステムのハードウェアにあると考えられるので、AppleStoreあるいはアップルの正式なサービスプロバイダーで修理するしかないでしょう。

もし後者の場合であれば新品のiPhoneXがもらえるかもしれませんね。

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhoneXの格安修理はこちら

著者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com