iPhoneの液晶交換を自分でしようと考えている人は要注意!

iPhoneの液晶交換を自分でしようと考えている人は要注意!

バリバリに割れてしまったiPhoneの画面をいつまでも使い続けるのは、少しカッコ悪いですよね。一度画面が割れてしまうと、少しの衝撃が加わっただけでさらに画面割れを起こすこともあります。アップルに持ち込めば、修理はしてもらえますが、アップルケアに加入していないと、液晶交換はかなり割高です。できるだけお金をかけずに割れた液晶交換をする方法として、自分で液晶を交換するという方もいます。

自分で液晶交換ってできるの? と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろん、自分でも液晶交換を行えます。でも、自分でiPhoneの液晶交換をするのはとても危険です。

iPhoneの液晶交換を自分で行うのはとても危険!

最近では、iPhoneの液晶交換キットがネットで販売されていますので、どうしてもご自分で液晶交換を行うなら、そういったキットを使用するのも一つです。ただ、キットに入っている工具は、使い物にならないものが多いようですから、工具はきちんとしたものを揃えたほうがよいかもしれません。

ネットで部品を揃えることはできますが、中には粗悪品も混ざっていることがあります。無事に交換できたとしても、すぐにまた別の不具合が発生することもしばしば。液晶交換だけをしたはずなのに、別の箇所に不具合が起きたら、そのときは修理店に持ち込むしか方法はありません。そうなると、原因を特定するところから始まるので、少し高額になることも・・・。

ネットを検索すると、意外にも多くの方がiPhoneの液晶交換に挑戦されています。ですが、その交換画像を見ていると、作業は細かく、複雑であることはおわかりいただけると思います。もともと機械の修理がすきだったり、ミニ四駆などの組み立てが得意だったりするような方なら、割と簡単に交換することができるかもしれません。ですが、そうではない場合、例えばはじめて機械を分解するというような初心者の方は、自分で液晶交換をするのはやめたほうが無難です。

iPhoneの液晶交換を自分で行うデメリットとは?

iPhoneの液晶交換をするなら、覚えておいていただきたいことが2つあります。まず一つは、一度自分で修理をすると、正規店の修理は受け付けてもらえなくなること。二つ目は、自分で修理したiPhoneは買取の際に減額になることです。

修理後に何か別の不具合があって正規店に持ち込んだとしても、一度自分で分解してしまうと、正規品とは異なる部品が入るため正規店では修理をしてもらえません。つまり、一度自分で分解した後は、正規店からの保証は一切受けられなくなるということです。

また、いざiPhoneを売ろうとするときも自分で修理を行っていると減額対象になります。当店アメモバでは減額扱いにしていますが、買取店によっては大幅な減額対象になる場合もあります。