大公開!MacBookを高く売る3つのコツ!おすすめの買取時期も合わせて紹介

大公開!MacBookを高く売る3つのコツ!おすすめの買取時期も合わせて紹介

iPhoneの買取なら東京・上野 アメモバ

美しさと機能性を兼ね備えたMacBook。街中で使っている人を見かける機会も多いですよね。でも、人気があるということはそれだけ多くの人が購入しているということ。中には、「古くなった」「使わなくなった」「新しい機種がほしくなった」などの理由で手放すことを考える人もいます。使わないMacBookは買取に出す方法がおすすめです。高く売るコツをおさえておくと、お得に手放すことができますよ。今回は、MacBookを高く売るコツをまとめてご紹介します。

MacBookは中古でも人気が高い

新品のMacBookは決して安くはありません。そのため、MacBookの購入を考えた時に中古を視野に入れる人は少なくないのです。中古のMacBookは、高い人気を維持しています。安定した需要が見込めることからMacBookの買取に乗り出している店舗は数多く、買取に出そうを考えた時にお店が見つからないという悩みはまず発生しません。

ただし、MacBookの買取を受け付けていても店舗によって価格やサービス内容に差があるので注意しましょう。買取価格は、そのお店のリユース経路によって差が生じます。MacBookのような製品は、家電などリユース経路がある程度確定している商品と違って各店によって経路に違いがあります。そのため、買取価格はどこでも同じではないので気をつけましょう。

iPhoneの買取なら東京・上野 アメモバ

MacBookを高く売る3つのコツ

中古のMacBookを1円でも高く売るためのコツを3つにまとめてみました。

①買取店を選ぶ

MacBookを高く売るために、お店選びはとても重要です。1店舗だけではなく複数の店舗の対応を比較しましょう。1軒1軒比較することが手間という方は、比較サイトを利用すると便利です。手持ちのMacBookの情報を入力するだけで簡単に複数のお店を比較検証できます。

比較する時に特に見ておきたいポイントは次の5つです。

・買取価格

・買取方法

・MacBookの取り扱い実績

・特典などサービス情報

・キャンペーン情報

まず一番重視するポイントは買取価格です。各店によって大きな差があります。ただし、単純に買取価格だけで判断することは危険です。自分の使いやすい買取方法を実践しているか、過去にMacBookを取り扱ったことがあるかなどはチェックしておきましょう。過去にMacBookの取引があるお店なら、リユース経路がしっかりしている可能性が高いので信頼できます。総合的にたくさんの商品を取り扱っている大手リサイクル型のお店もメリットはありますが、おすすめは専門店です。専門店なら、素人が見逃してします細かなプラス査定ポイントまでしっかりチェックして価格に反映してくれます。

また、特典など独自のサービス情報も見ておくとよりお得なお店を探しやすいです。MacBookの高額買取キャンペーンを実施しているお店も多いですから、気になるお店のキャンペーン情報も見ておくとよいでしょう。過去のキャンペーン情報を見ておくと、次のキャンペーンの時期が予測しやすいです。全てのお店をチェックすることは手間がかかりますので、価格や買取方法で買取候補店を3店舗くらいに絞ってから、サービス情報やキャンペーン情報を確認する手法を推奨します。

②高額買取の基本を実践する

MacBookに限らず、中古品を高額買取に結びつける基本があります。1円でも高く売りたいなら、高額買取の基本を実践するようにしましょう。主な基本は次の通りです。

1:付属品を揃える

買取店は、買い上げた商品を次の顧客に向けて販売します。あなたが中古品を買いに来たお客さんだったとしたら、本体だけの商品よりも付属品が完備されている方が魅力的ですよね。多少値段が高くても付属品がある商品を購入したいと考えるユーザーは多いです。そのため、付属品が揃ったMacBookは高く売れる傾向があります。説明書や保証書、コードなどだけでなく外箱やあればレシートも揃えて買取店に持っていきましょう。購入時の状態に近いほど、高額買取に繋がります。

2:状態をきれいにする

買取りに出すアイテムはなるべくきれいな状態にしておいたほうが好印象です。査定員も人間ですので、きれいなアイテムほど「大切に使っていた」と心象がよくなります。あえてクリーニングに出すことまでする必要はありませんが、個人でできる範囲できれいにしておきましょう。

MacBookを簡単に掃除する方法は、少し湿らせた柔らかい布で汚れを拭き取ることです。この時、電源を切って置くことを忘れないようにしましょう。また開口部には湿気が入り込まないように配慮することが肝心です。スプレー式の液体クリーナーなどは故障の原因になるので使用を避けましょう。ホコリやすぐ拭き取れる程度の汚れが取れているだけでも、かなり見栄えが良くなります。少し手間と感じるかもしれませんが、状態はなるべくきれいにしておくことがおすすめです。

3:データを消去する

使用していたMacBookには貴重な個人情報がたくさん入っています。買取に出す前にデータを初期化して工場出荷時の状態に戻すことが大切です。難しいことのように聞こえるかもしれませんが、意外と簡単にできますので、Apple社の「Macを売却または譲渡する前に」というページを参考にしながらデータを消去しておきましょう。業者によってはデータを消去するサービスを行っているところもありますが、中には詐欺目的のお店もありますので、安全に取引するためにも自分で行う方法がおすすめです。もちろん信頼できるお店なら、データ消去をお任せしても良いでしょう。ただし、その場合手数料などが発生して買取価格が下がる可能性があるので注意しましょう。

MacBookにはTime Machineという内部のデータを丸ごとバックアップする機能が備わっています。数千円で購入できる外付けHDDがあれば使うことが可能です。Time Machineにバックアップを作成しておけば、次に購入したMacにそのままデータを移行することもできます。面倒な設定を省いて、新しいMacを以前と同じように使用することができますので、ぜひ利用しておくと良いでしょう。

③できるだけ早く売る

中古品は新品と比べてどうしても値段が下がります。稀にヴィンテージ品など年数が経過するほど価値があがるアイテムも存在しますが、MacBookなどの電子機器はなるべく早くに売りに出したほうが高値がつく確率が高いです。手持ちのMacBookを使わなくなったら、購入日から日数が経過しないうちに早めに売りに出しましょう。早ければ早いほど高額で取引される可能性が高いと言えます。

iPhoneの買取なら東京・上野 アメモバ

MacBookが高く売れる時期とは?

一般的にMacBookが高く売れる時期は8月や12月です。Apple社は毎年6月にWWDC(開発者向けイベント)を開催します。そのため、WWDCの情報が話題になる4~5月頃から古い機種の買取価格は下落する傾向があるのです。9月頃に発表された新機種が実際に販売される11月より前も買取価格は下がる傾向があります。これらの時期は避けておくことが無難です。

8月や12月は、新商品に関する情報がネットメディアで活発に取り上げられる時期から外れており、かつボーナスなどが支給されて消費者の購買意欲が高まっているので、中古のMacBookが高く売れる可能性があります。この時期に合わせて高額買取キャンペーンを実施しているお店も多いです。高く売りたいなら、8月や12月を狙って見る方法は有効でしょう。

まとめ

MacBookは安定して高い需要があるので、中古でいきなり取引されなくなる可能性は低いです。もし使わなくなったMacBookを持っているなら、価値が下がらないうちに早めに売りに出すと良いでしょう。こちらで紹介したコツをおさえておくと、高額買取に繋がりやすいですよ。

査定は こちら からお願いいたします。

iPhoneの買取なら東京・上野 アメモバ