アメモバ

iPhone高く売れる時期はいつでしょうか?iPhone高く売るのに時期を見極めよう!

iPhone高く売れる時期はいつでしょうか?iPhone高く売るのに時期を見極めよう!

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhone XRの高価買取特集ページはこちら

iPhone XSの高価買取特集ページはこちら

iPhone XS Max の高価買取特集ページはこちら

iPhone Xの高価買取特集ページはこちら

使わなくなったiPhoneはできるだけ高く売りたいですよね。iPhoneには高く売れる時期があります。 お得にiPhoneを手放すためにも高く売れる時期を選んで売ることがおすすめです。今回は iPhoneが高く売れる時期なのについて情報をまとめてみました参考にしてみてくださいね。

新品のiPhone高く売れる時期は発売直後

iPhoneに限らず基本的に電子機器は発売直後が一番高く売ることができ、その後徐々に価格が低下していきます。そのため、iPhone を高く売りたいならできるだけ発売から日が経っていないうちに売りに出すことがおすすめです。状態は新品に近い状態ほど高く売れます。発売直後であれば傷がついていることもなく状態も良いのでプラス評価につながる可能性が高いです。また付属品の類は揃えておきましょう。付属品があることでさらなるプラス評価につながる可能性があります。

月ごとの買取金額の変化

月ごとの買取金額の変化を調べてみました。

一番のおすすめは7月!

iPhoneの場合新作は大抵9月頃日本で発売されます。そのため、月で言うと新作の情報が出回る前の7月以前が高額買取に繋がりやすいです。新しいモデルが出た9月以降になるとそれ以前のモデルは買取価格が大幅に下落します。高く売りたいなら新作が発表される前の7月までにできるだけ早く iPhoneを売ることが大切です。

8月は買取金額がやや下がる。

7月と比べると8月はiPhoneの買取金額がやや下がります。8月に入ると、その年のiPhoneの新作発売がいつになるのか正確性の高い情報が出回るようになり、ユーザーは新作情報に目が行きがちです。ただし、買取金額が大きく下落するわけではないので、まだiPhoneを売る時期としてはおすすめと言えます。

9~10月に入ると買取金額が下落

2015年のデータになりますが、新作以前のiPhoneの買取価格は、9月~10月になると、7月と比べて10%下落するという統計結果があります。その後買取価格が回復することはまずないので、iPhoneを高く売りたいなら遅くとも10月までには行動を起こすことを推奨します。

11~12月になると下落が顕著

12月になると、7月と比べて買取金額は35%程度ダウンすると言われています。年末はiPhoneを売るのにおすすめの時期とは言い難いですが、時間が経過すればするほど高額買取からは遠ざかってしまう可能性が高いので、使わなくなったiPhoneがあるならなるべく早めに売りに出した方が良いでしょう。

1~6月の中では3月が要注意!

3月になると、キャリアショップのキャンペーンによって、多数の新品の端末が市場に出回ります。そのため、3月の買取金額は一旦下がる傾向があるので注意しましょう。4月になると、市場が落ち着くことから、新品の端末や中古の端末の買取金額が徐々に上がり始めます。

買取金額は状況によって変化する

月ごとの買取金額の変化をご紹介しましたが、あくまで目安です。実際の状況では為替レートも関わってきます。例えば円高の場合ですと、買取相場が一気に下がることもありえますが、この点に関しては当然予測不能です。実例で言いますと2019年の7月にアンロックアダプターが利用出来なくなるのと米中の貿易戦で円高が進み、新品のiPhone買取相場も一気に下がってしまいました。

買取金額は、その時の状況によって変化します。素人が相場の変化を完璧に予測することは難しいですので、売りたいなと思ったらその時の相場状況を買取専門店の店員さんなどプロの方に確認することを推奨します。

商品によっては、時期を過ぎると二束三文の価格になってしまうものもありますが、iPhoneの場合は根強い人気があるので、買取価格が下落すると言っても比較的高い値段で取引されることが多いです。

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhone XRの高価買取特集ページはこちら

iPhone XSの高価買取特集ページはこちら

iPhone XS Max の高価買取特集ページはこちら

iPhone Xの高価買取特集ページはこちら

日本はiPhone人気が高い

日本人はiPhoneが好きです。2017年9月の統計によると、全世界ののシェア率はiOS20.32%、Android 72.74%と、Androidユーザーが多いことがわかっています。しかし日本のシェアはiOS 66.56%、Android 32.57%とほぼ真逆です。iPhone発祥の国であるアメリカのiOSシェア率は54.12%なので、アメリカと比べても日本でのiPhoneの人気がいかに高いかがわかります。当然中古といえど iPhone の需要は高いですので、使わなくなった iPhone がある場合は買取に出すことがおすすめです。高く売れる時期を狙うことが一番ですがそれ以外の時期でも状態によっては高額買取につながる可能性があります。

キャンペーンは積極的に狙おう!

iPhoneは人気が高い商品なので買取店によっては買取強化キャンペーンを実施していることがあります。キャンペーン時期を狙うと通常よりも高い金額で iPhone を売りに出すことが可能です。現代ではインターネット検索をすることによって、簡単にキャンペーン情報を入手することができます。売りたい iPhone があるときは積極的にキャンペーン情報を狙うようにしましょう。

買取店選びも重要

どの買取店に売りに出すかも重要なポイントです。iPhoneの買取を実施しているお店は多いですが、お店によって買取価格に差があります。特にiPhone の取扱実績が少ない店舗を選んでしまうと相場よりも安い価格で取引されてしまう可能性があるので、注意しましょう。iPhoneの取扱実績が豊富な買取専門店を選ぶことが大切です。

お店を選ぶ際には複数のお店から無料の見積もりを取って、比較検討することも重要なポイントと言えます。比較をすることで素人でもある程度相場を把握できますので、相場よりも安い価格で買い叩かれてしまうことがないように配慮しましょう。 自分の納得できるお店を選べばより満足度高くiPhoneを手放すことができます。

売りに出すタイミングとは?

長く使っているiPhoneを持っている方の中には、売りに出すタイミングを迷っているという人もいるでしょう。「発売から時間も経っているし、もう買取に出さない方が良いかな…」と考える方も少なくありません。しかしiPhoneなら、古くても売りに出すことを検討する価値はあります。2018年4月現在の中古買取価格を調べてみると、2008年に発売されたiPhone3Gの16GBでさえ5,000円前後で取引されています。さらに新しいiPhoneならもっと高い値段で取引されますので、諦める前に査定に出してみることがおすすめです。

キャリアでiPhoneを購入した人の場合、2年で本体代金を払い終える契約をしている人が多い傾向があります。契約終了時期が近づくとキャリアから継続プランの案内などが届くでしょう。2年契約が終了する時期を目安に売りに出す方法も有効です。制約が一切になくなっていることで、売りやすくなっていると言えます。2年を一区切りとしてiPhoneを手放す人は少なくないので、2年経っていても比較的高い金額で取引される場合が多いです。ぜひ査定に出してみてくださいね。

SIMロックは解除しておくことがおすすめ!

SIMロック解除してから売りに出すと買取金額が数千円アップすることがあります。近年、格安SIMが普及したこともあって、iPhoneの端末のみを入手したいというユーザーは増えています。しかし、基本的にキャリアで端末を購入しようとすると、回線契約も結ばねばならず不便です。そのため、制約のない中古iPhone端末を購入して、手持ちの格安SIMを使いたいという希望を持っている人が少なくありません。

SIMロックを解除していればどの格安SIMも自由に使えるようになることから、SIMロックを解除した端末の人気が高まっています。SIMロック解除は、誰でも簡単に行うことができますので、売りに出す時はSIMロックを解除しておくと良いでしょう。ちなみに、SIMフリー版を除くと、NTTドコモ版のiPhoneが一番高値で取引される可能性が高いです。

SIMロックを解除する方法に関しては、各キャリアがHPで公開しています。キャリアショップに持ち込んで解除してもらう方法もありますが、手数料がとられますので、自分で行う方法がおすすめです。SIMロック解除の方法は下記のリンクからも確認出来ます。

Softbank SIMロック解除の手順

AU SIMロック解除の手順

ドコモ SIMロック解除の手順

分割払い中のiPhoneは売りに出せる?

発売直後に売りに出そうとした時など、本体代金を分割払い中ということもありますよね。分割払い中であっても、iPhoneを売りに出すことは可能です。しかし、売りに出したとしても、残債は契約者本人が支払うことが必要ですので注意しましょう。自分のiPhone端末の残債がいくらか気になるという方は、各キャリアのHPで簡単に調べることができるので見ておくことがおすすめです。

残債があるiPhoneも売りに出すことはできますが、買取時に制約がかかることや、売った後も端末代金の請求がくることを考えると、一括払いで完済してから売りに出すことがおすすめと言えます。分割支払残額を一括清算することは可能ですので、各キャリアに一括精算したい旨を伝えると良いでしょう。HPからも手続きできますよ。

オークションやフリマの利用は有効?

シェア文化が浸透したこともあって、オークションやフリマアプリを気軽に利用する人が増えました。中にはiPhoneを出品している人もいます。オークションやフリマアプリの場合、うまくすると相場よりも高い金額で売ることはできます。しかし、個人間の取引になるので、iPhoneを売りに出す場合は慎重に利用するかどうか検討した方が良いです。あやふやな知識しかない場合、トラブルに発展してしまうこともあります。慣れている方なら利用しても良いでしょうが、不慣れな方や少しでも不安がある方は、しっかりとした知識と実績がある買取専門店を利用する方法がおすすめです。

まとめ

中古のiPhoneを持っているなら売らないと損です。発売から日が経っておらず新作が発表される前の7月以前が一番高く売れます。使わなくなったiPhoneを持っている方は、ぜひ買取に出すことがおすすめです。キャンペーン時期などを活かすとさらに高値で売りに出すことができますよ。

iPhone高く売る時期をご紹介致しましたが、iPhone買取のプロがiPhone高く売るコツも公開しております。iPhoneを高くうるコツは こちら からご覧ください。

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhoneの高価買取ならアメモバ!

iPhone 買取価格 iPhone11 買取価格
iPhone11 Pro 買取価格 iPhone11 Pro Max 買取価格 
iPhone XR 買取価格 iPhone XS 買取価格
iPhoneXS Max 買取価格 iPhoneX 買取価格 
iPhone8 Plus 買取価格 iPhone8 買取価格
iPhone7 Plus 買取価格 iPhone7 買取価格
iPhone6s Plus 買取価格 iPhone6s 買取価格
iPhone6 Plus 買取価格 iPhone6 買取価格
iPhoneSE 買取価格 iPhone5 買取価格

著者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com