iPhone高価買取・迅速修理なら上野・アメ横のAmemobaへ

tel

VIVO NEX3 スマホレビュー

Vivo NEX3 5G版レビュー体験|「ウォーターフォールディスプレイ」に関して、あなたはこの何点かを知る必要がある

投稿日:2019年10月23日 更新日:

Vivo NEX3 5G版レビュー体験|「ウォーターフォールディスプレイ」に関して、あなたはこの何点かを知る必要がある

From: 愛搞機靚仔們

本文作者丨Regan

画像丨陳不是

vivo NEX3はNEXシリーズの三代目フラグシップスマホとして、今回はわたしたちにウォーターフォールディスプレイ、X軸モーター、SnapDragon 855、6400万画素のメインカメラ、5Gなどをもたらしました。単にスペックから見ても、確かにフラグシップ機のようですが、同価格から比較すると、NEXは少し力不足であるとわたしは思います。筆者もまた、NEX3をメインスマホとしてしばらく使用したので、これからみなさんにNEX3を使用したわたしの感想をお伝えしたいと思います。

VIVO Nex3

ウォーターフォールディスプレイの善し悪し|Vivo NEX3 5G版レビュー

ウォーターフォールディスプレイ

疑いもなく、NEX3のウォーターフォールディスプレイは震撼的です。確かに目の前で光っている感じがあり、両端の曲率が非常に大きいので、正面から見るとき、両端がベゼルレスのような感じがあり、手に取ったとき、一つのディスプレイを持っている感じがします。喜びと驚きが引いた後、続けてこのウォーターフォールディスプレイが日常の使用においてどのような影響があるのかを見たいと思います。

ウォーターフォールディスプレイ

まず、このディスプレイの印象ですが、精度は一般的です。6.89インチ1080PのサムソンAディスプレイで、換算したPPIは296ですが、それはRetinaディスプレイの標準でさえも達しておらず、あまり「フラグシップ」的ではないです。少し近づいて見るだけで、粒々が見られ、近視の人は特にそうです。正常の距離から見れば、我慢して見られます。

しかしながら、精度というものは、人によって異なり、ある人は敏感ではありませんが、筆者は始終、このディスプレイが劣っていると感じています。前の二世代と比べると、逆戻りしています。

ウォーターフォールディスプレイ

二つ目は表示の問題です。ディスプレイの曲率が比較的に大きいので、ディスプレイの局面のガラス反射も少し目立ちます。通常使用にはあまり大きな影響はありませんが、テカっていて、少し気になります。また、時々下の方で文字を見る時に、文字が曲がってしまします。

三つ目は、タッチの問題です。NEX3を使用している時、筆者もミスタッチの問題をとても心配していました。実際に使用した後、この心配は余計でした。ミスタッチがないということは不可能ですが、NEX3のミスタッチの状況は、普通のスマホのミスタッチとあまり変わりはなく、むしろ多くのカーブディスプレイのミスタッチより良く出来ています。ですから、日常使用では基本的に何も影響はありません。

ウォーターフォールディスプレイ

最後に、ウォーターフォールディスプレイになったので、NEX3の筐体ボタンも感圧ボタンにあり、初めて感圧ボタンを使った時は、少し慣れませんでした。良かったのは、今回X軸モーターに変えたので、振動反応が良く、電源ボタンの位置は木目処理しているので、手探りで電源ボタン押すことに問題ありません。筐体頂部にも、ハードの電源ボタンを設けています。

VIVO Nex3 電源ボタン

筆者があまり慣れなかったのは、やはり音量ボタンの調整でした。音量アップとダウンボタンは、それぞれ電源ボタンの上下の部分にあります。「+」と「-」の標識がありますが、木目処理がないので、毎回音量を調節しようとしたらまず電源ボタンの位置を探してから音量を調節します。結局それは、慣れの問題にあります。数日使用したら、徐々に慣れます。

簡単にまとめると、このウォーターフォールディスプレイに関して、格好良い物のためには代価が必要であるということでしょう。筆者が思うには、このウォーターフォールディスプレイのデメリットはメリットより大きいです。日常使用的には、何か大きな向上をもたらすことはなく、少しだけ「花瓶属性」のような感じがします。

外観|Vivo NEX3 5G版レビュー

VIVO Nex3 外観

外観面において、NEX3は少し損をしています。なぜなら、NEX3の外観はHuawei Mate30 Proの外観と似ているので、筆者がNEX3を使っている時、他の人はそれがHuawei Mate30 Proであるかどうかと尋ねてきます。

背面の「オレオ」形状のカメラデザインは、確かに識別しやすいですが、イメージ画像を見たときは、少し格好悪いと思いましたが、実機を見たときは悪くなく、スマホの質感も素晴らしいです。

VIVO Nex3アウトカメラデザイン

手に取った時、NEX3の重さは印象深かったです。218.5gの重さは手の上でずっしりして、長時間持つと疲れてきます。スマホケースを付けたりすると、「300g」近くなります。

ポップアップ式フロントカメラ ポップアップ式フロントカメラ

一世代を飛び越えて、ポップアップ式フロントカメラがまた戻ってきました。今回はソフトライトを加え、暗い環境で光を補うことに仕えるので、とても良いと思います。

3.5mmのイヤホンジャック

筐体頂部は、3.5mmのイヤホンジャックを保ち、HiFi対応、AK4377A独立デコードチップを搭載、スピーカーは依然としてモノラルスピーカーであり、ちょっと惜しい感じがあります。

撮影|Vivo NEX3 5G版レビュー

VIVO Nex3 アウトカメラ

6400万画素メインカメラ、1300万画素超広角/マクロ、1300万画素望遠

F/1.8(メインカメラ)、F/2.2(広角)、F/2.48(望遠)

次に実際の撮影サンプルを見たいと思います。

昼間|Vivo NEX3 5G版レビュー

昼間写真サンプル① 昼間写真サンプル② 昼間写真サンプル③ 昼間写真サンプル④ 昼間写真サンプル⑤

夜景|Vivo NEX3 5G版レビュー

夜景写真サンプル① 夜景写真サンプル② 夜景写真サンプル③ 夜景写真サンプル④ 夜景写真サンプル⑤

夜景モード|Vivo NEX3 5G版レビュー

夜景モード撮影写真サンプル① 夜景モード撮影写真サンプル② 夜景モード撮影写真サンプル③

その他の機能|Vivo NEX3 5G版レビュー

VIVO Nex3

性能|Vivo NEX3 5G版レビュー

SnapDragon 855 Plus Soc、8GB/12GB RAM、128GB/256GB UFS3.0 ROM、現在アンドロイド主流フラグシップのスペックであり、性能面では心配ありません。NEX3を使っている期間において、発熱の制御はうまくやっています。ゲームをやっていたとしてもスマホは温かいだけです。

ネットワーク&電波

WIFIと電波

このNEX3は新しくネットワーク加速モジュール機能を加え、同時に二つのWLAN、もしくはシングルWLANデータネットワークを使うことができます。実測で、この機能はネットワークを速くするわけではなく、ネットワークをさらに安定させました。

例えば、寝室で5G WiFiに繋がっていて、何かをダウンロードしています。それからあなたはリビングに行くとき、5G WiFiの障害物貫通力が比較的に弱いので、スマホは自動的に2.4G WiFiに切り替わってダウンロードし続けます。もし、デュアルWiFiのスマホでなければ、まず5G WiFiを切ってから2.4G WiFiに繋げますので、ダウンロードも中断されます。さらには、電波が弱い5G WiFiのままで繋がっている可能性もあります。

WIFIと電波の性能

理解に苦しむのは、今回のNEX3はWiFi機能を取り除いたということです。5F WiFiに繋がっている時、最高接続速度がわずか433Mbpsです。これが意味するのは、ローカルネットワークでデータ転送する時、転送速度が半減しています。普段ローカルネットワークを使って転送しなければ、影響は大きくありません。(スマホのダウンロード速度に影響しない)

訂正:みなさん、申し訳ありません。筆者はうっかりしていました。NEX3はWiFi機能を取り除いたわけではありません。ただシステム設定が少し謎めいているだけでした。

デュアルWiFiを開いた時、すぐに2.4G WiFiと5G WiFiを同時接続します。この時に5G WiFiの接続速度を調べると433Mbpsと表示されました。

デュアルWiFi機能を閉じ、そしてWiFiを閉じた後、再びWiFiを開いて5G WiFiに接続したら、接続速度が866Mbpsになっていました。

また、NEX3の電波はとても安定しています。実際の経験ですが、電車でNEX3のネットワーク常に安定しており、正常にネットに繋がります。OnePlus 7 Proと比べて、OnePlus7 Proのネットワークは基本的にあったり、なかったりします。

NFC|Vivo NEX3 5G版レビュー

NEX 3はまたNFCの全機能を搭載し、交通カード、銀行カード、セキュリティーカード、今は電子IDカードも使えます。

X軸モーター|Vivo NEX3 5G版レビュー

NEX3 はやっとX軸モーターに変えました。前の二世代と比べると、振動効果が質におけるアップがありました。

5G|Vivo NEX3 5G版レビュー

VIVO Nex3 5G

手にあるこのNEX3は5Gに対応していますが、今5Gを使用していることはとても「苦しい」ことです。まず多くの地方で基本的になく、あったとしても対応エリアは小さく、5G基地局付近にいないなら、その速度は4Gに及びません。ある時、電波欄は5Gと表示されていますが、ネット自体に繋がらないので、現在スマホ買うことに5Gの事柄を気にする必要は全くありません。

充電&持続時間|Vivo NEX3 5G版レビュー

VIVO NEX3 5G

NEX3は4500mAhの電池を搭載しており、実際に使用していて、持続時間のパフォーマンスは素晴らしいです。一日の使用を十分に満たしています。充電面は、44Wの急速充電です。時間の関係で、充電速度をテストしていませんが、直感の感覚として、とても速いということです。

まとめ|Vivo NEX3 5G版レビュー

VIVO Nex3

全体から見ると、今回のNEX3について、筆者は完璧であるとは思いません。不足の部分として、ディスプレイの精度が一般的であるということ、重さが重く、WiFi性能の不便、ステレオスピーカーがないことです。これらの不足している部分を除いて、NEX3の他のスペックはフラグシップのレベルです。以上がvivo NEX3のレビューです。もし、NEX3に関して質問があるなら、コメントください。

iPhoneの高価買取ならアメモバ!

iPhone 買取価格iPhone11 買取価格
iPhone11 Pro 買取価格iPhone11 Pro Max 買取価格 
iPhone XR 買取価格iPhone XS 買取価格
iPhoneXS Max 買取価格iPhoneX 買取価格 
iPhone8 Plus 買取価格iPhone8 買取価格
iPhone7 Plus 買取価格iPhone7 買取価格
iPhone6s Plus 買取価格iPhone6s 買取価格
iPhone6 Plus 買取価格iPhone6 買取価格
iPhoneSE 買取価格iPhone5 買取価格

当文書は 愛搞機 の許可を得て弊社が翻訳したものです。許可を得ずに画像および文書の転載などは禁止です。転載ご希望の方はcontact@amemoba.comまでお問い合わせください。

出所:愛搞機

翻訳者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com

-VIVO NEX3, スマホレビュー
-

執筆者:

関連記事

正三角形|iPhone 11 Pro Max レビュー

正三角形:iPhone 11 Pro Maxレビュー From: 愛搞機靚仔們 愛搞機 本文作者:Hikari 画像:陳不是 iPhone 11 Pro Maxを筆者はすでに手に入れて数日経ちますが、 …

vivo S5レビュー:このホールは受け入れられる?

vivo S5レビュー:このホールは受け入れられる? Regan 愛搞機 2 days ago vivo S5、アイドルの蔡徐坤が使って、すばらしいスマホだと言ったものです。それは、彼のように歌ったり …

トリプルカメラ時代到来! HUAWEI P20 Proの背後にある画像技術を解析しました。HUAWEI P20 Proレビュー

トリプルカメラ時代到来! HUAWEI P20 Proの背後にある画像技術を解析しました。 現在の進歩した工業時代において、製品のあらゆる部品の技術的進歩は革新的なものです。 スマートフォンにおいても …

iPhone11

iPhone11 レビュー|二代目絶品機種

iPhone11 簡単レビュー|二代目絶品機種 From: 愛搞機 本文作者:Hikari iPhone11 高価買取価格表はこちら iPhone11 Pro高価買取価格表こちら iPhone11 P …

シャープ新スマホ |AQUOS S2 レビュー

シャープ新スマホ「AQUOS S2」レビュー 近年、シャオミが開発しデザインした「シャオミMIX」は確かに世間を驚かせた。更に翌年も「全画面スクリーンスマホ」が爆発した一年だと言える年であった。LGエ …

iPhone買取・修理のアメモバ

カテゴリー

iPhone買取・修理のアメモバ