iPhone高価買取・迅速修理なら上野・アメ横のAmemobaへ

tel

One Plus One plus8 Pro スマホレビュー

OnePlus 8 Proレビュー:真摯的なアップグレード作!?

投稿日:

OnePlus 8 Proレビュー:真摯的なアップグレード作!?

Original愛搞機靚仔們 愛搞機

アメモバ

今年のOnePlus 8 Proは集大成の作品であると感じています。優秀なディスプレイから強力な性能、USB3.1、大容量電池、5G、優秀な調整されたモーター、また去年漏れていたワイヤレス充電とIP68防塵防水など、基本的にあなたが一台のスマホで見たい要素がすべて詰まっています。

去年のOnePlus 7 Proが筆者に深い印象を与えたことは、スマホの使用時間が最も長く、使用体験がとても良かったことです。また今年のOnePlus 8 Proはこの基礎においてさらにアップグレードしました。簡易的な使用を通して、このスマホに対して初歩的な理解を得ました。

デザイン|OnePlus 8 Proレビュー

パンチホールフルディスプレイ、これは道徳的な喪失なのか、それとも人性のひねくれなのか?

OnePlus 8 Pro|OnePlus 8 Proレビュー

正面は旧世代の真フルディスプレイからパンチホールディスプレイに変わり、ディスプレイの曲面の曲率も旧世代より上がっており、OPPO Find X2 Proより曲がっています。

ディスプレイの曲面|OnePlus 8 Proレビュー バックのパネルの曲率|OnePlus 8 Proレビュー

バックのパネルの曲率の方が小さく、両面は同じではないことで、金属の中枠が下に移動し、握った感覚が明確に落ちており、握る時の安全感も落ちています。まるでスマホを落としやすい感じですが、オフィシャルのケースを付けたら、完璧に解決しました。金属の中枠はマット処理をして、質感は以前よりはっきりと良くなっています。

OnePlus 8 Proのバックカメラ|OnePlus 8 Proレビュー OnePlus 8 Proのバックカメラ|OnePlus 8 Proレビュー OnePlus 8 Proのバックカメラ|OnePlus 8 Proレビュー

バックのカメラ配列に変化が起こりました。一つのカメラ、マイク、光センサーを加え、環境光を測定し、ディスプレイの色彩を調整することができます。

バックカメラの突出した部分が去年より目立ち、突出部分の占有面積も明確に増えており、さらに裸の筐体を持つ全体的な触感が落ちています。神経質な人に絶えられないことは、トリプルカメラの間の位置が等値でないということです。

OnePlusのロゴマークと文字ロゴが新しくデザインされ、太文字を加えて、より調和して格好良くなっています。

OnePlusのロゴマークと文字ロゴ|OnePlus 8 Proレビュー バックガラス|OnePlus 8 Proレビュー

バックガラスは第五世代AGガラス工芸を使用し、筆者個人の感覚として、あまり顕著ではないと思いますが、新しい工芸の指紋防止効果は向上しています。

底部のスピーカーホールが線状になりました。頂部の一本のホールが増えました。

この他にOnePlus 8 ProはまたIP68防塵防水に対応しています。構造が低下した後の一つのアップとも言えるでしょう。全体の重さは199gに抑えられ、厚さは8.8mmになり、旧世代より細くなりました。

OnePlus 8 Proの外観|OnePlus 8 Proレビュー

OnePlus 8 Proの外観は、個人的にOnePlus 7 Proより格好良くはないと思っています。特に触感が比較的にはっきりと後退しています。

しかしこの世代のOnePlusのハイエンド機品質の感じは明確にアップしています。ボタンがきっちりと作られ、フィードバックが堅固で、旧世代の柔な触感と緩いボタンと比べると、明確に進歩しています。

液晶ディスプレイ|OnePlus 8 Proレビュー

120Hz高リフレッシュレート2K解像度10bit色深度、すべてある。

OnePlus 8 Proの液晶ディスプレイ|OnePlus 8 Proレビュー OnePlus 8 Proの液晶ディスプレイ|OnePlus 8 Proレビュー Fluid AMLEDディスプレイ|OnePlus 8 Proレビュー

OnePlusの今年最大の注目点は正面の6.78インチFluid AMLEDディスプレイです。データ数値面はあまり紹介しなくても良いでしょう。高解像度に高リフレッシュレートが加わり、現在トップクラスのAMOLEDディスプレイの一つです。

良いものには良い装備を。トップクラスのハードにはメーカー調整の才能がなくてはこのディスプレイの強みが発揮できません。以下で直接テストの数値を見てみましょう。

Fluid AMLEDディスプレイのテスト結果|OnePlus 8 Proレビュー

ナチュラルモードのパフォーマンスが最も良く、平均の色彩偏差は2.1であり、他のモードの数値と比べてやや劣りますが、ディフォルトの鮮やかモードの見た目がベストです。

手動最高輝度512nit、フルホワイト自動補正輝度810nit、他のモードでピーク輝度は少し変動しますが、基本的に30nit以内に制御されています。

数値を去年のOnePlus 7 Proと比べると明らかに進歩しています。実際にHDR動画を再生する時、OnePlus 8 Proの輝度はさらにちょっと高くなりますが、はっきりとはわかりません。

液晶ディスプレイの輝度調整|OnePlus 8 Proレビュー

ディスプレイ上で最も顕著なアップグレードは自動輝度の快適表示です。今年の各スマホメーカーはみなバックの光センサーを搭載しましたが、このセンサーはアンドロイドスマホの自動輝度のパフォーマンスを大いに引き上げました。フロントセンサーにバックセンサーが共同作業して、大いに光測定の正確性を引き上げました。筆者が使用したこの一週間の中で、はっきりと向上していることが分かり、もはやスマホの輝度が突然さがったりすることはありませんでした。

iPhoneのレベルまで達しているかどうかはテストする時間がまだ必要です。現在の体験からすると、それと非常に近いと言うことができます。

MEMC補正機能|OnePlus 8 Proレビュー

ディスプレイの高リフレッシュレートの強みを発揮するために、OnePlus 8 ProはMEMCというフレームレートを補正するチップを内蔵しており、動画のフレームレートを60fps、もしくは120fpsまで上げることができます。また、オンライン動画のフレームレート補正も対応しています。

MEMC機能|OnePlus 8 Proレビュー

設定表示の項目の中に動画高フレームレートモードがあり、オンにした後、すぐにフレームレートを補正し始めます。

MEMCモード起動中のメッセージ|OnePlus 8 Proレビュー

フレームレート補正をオンにした後、システムからのメッセージがあります。

筆者は一週間の簡単な使用の中で、いくつかの小さな問題を発見しました。第一に、HEVCコードのフレームレート補正に対応していないことです。高画質動画愛好者にとって、この影響は大きいです。しかし、大部分のソースにはH264コードのバージョンがあり、またHEVCコードを使用しているオンライン動画のサイトはまだないので、全体的な影響は大きくありません。

次に、OnePlusの策略は画面が比較的に複雑な時に、カラーブロックの表示を防止するためにフレームレート補正が止まります。ですから、画面は時にスムーズで、時にカクったりします。

MEMCモード対応アプリ|OnePlus 8 Proレビュー

上記は国内動画アプリに対するものであり、下記は国外動画アプリに対するものです。

OnePlusのこのMEMCフレームレート補正チップの実際の用途は比較的に大きいです。システムアプリの使用に対応するだけでなく、他のサードパーティアプリもこのチップのフレームレート補正を使うことができます。最も重要なのは、オンライン動画再生に対応していることです。Bilibili、Tencent Video、iQiyi、youtubeなどのホットな動画ソフトに対応しており、大部分の人が見る場をカバーすることができ、実用率が大きくアップしました。

もし、あなたはこの機能が会員費用を節約してくれると思っているなら、まだ「若い」ということです。まず、オリジナル60fpsと60fps補正とでは非常に大きな違いがあります。次にBサイトの1080Pの動画ビットレート上限は3Mbpsであって、会員のみ1080P+6Mbpsビットレートを使うことができ、低ビットレートから補正した効果も比較的に劣っています。ですから、この機能は60fps動画が元からないものに適しているのであって、会員費を節約するためではありません。

MEMCフレームレート補正は60fpsもしくは120fpsまでの補正を選択することができます。120fpsはマニュアルで低解像度FHD+に切り替えることと特定のアプリでなければ動きません。現地再生はOnePlusの画像プリしか対応しておらず、オンライン動画はTencent Video、Bilibili、Tencent Sports、Youku Videoに対応し、国外の動画サイトはYoutube、Netflix、Amazon Prime Videoに対応しています。対応するAPPは結構多いです。

MEMCモード起動中のメッセージ|OnePlus 8 Proレビュー

120fps補正をオンにした後、画面に「動画極限高フレームレートオン」と表示されます。画面の平行移動はスムーズですが、欠点は前のところで述べたことと同じです。

要約すると、OnePlus 7 Proの90Hzディスプレイはすでにとても優秀で、OnePlus 8 Proはリフレッシュレートを120Hzに引き上げ、機能体験がアップしましたが、60Hzから90Hzに変わったときのようにはっきりわかるわけではなく、また本来の真フルディスプレイから不完全なパンチホールディスプレイになり、ディスプレイの全体性が後退し、曲面のディスプレイ曲率が増えたことによって、緑の明るさが低下しました。

しかし、ディスプレイのハードの品質はすばらしいです。また、Find X2 Pro以外に2Kと120Hzを同時にオンにすることができるスマホです。

アメモバ

充電性能|OnePlus 8 Proレビュー

OnePlusもやっとワイヤレス充電を迎え入れました。30W Warpワイヤレス急速充電、ピーク効率と有線の急速充電と同数値を維持しています。

ワイヤレス充電板は一体型のデザインを使用しており、なぜ一体型のデザインを使用したのか、充電器が答えてくれます。

充電器規格の最大出力20V/2A、ワイヤレス急速充電はみな高電圧急速充電の路線を歩んでいます。また、有線のWarp急速充電は6V/5A高電流急速充電であるので、充電器は流用できません。ですから、OnePlusはワイヤレス充電板を一つの充電器に単独デザインしました。

OnePlus ワイヤレス充電板|OnePlus 8 Proレビュー

ワイヤレス充電板

充電器は一体型デザインを使用しているので、充電を測定することで結構面倒になりました。筆者は効率測量プラグで充電効率を記録し、五分ごとに当時の効率と電力パーセンテージを記録しました。この効率はワイヤレス充電によって減損し、プラグによる減損が比較的に大きいです。

OnePlus 8 Proの充電性能テスト|OnePlus 8 Proレビュー OnePlus 8 Proの充電性能テスト|OnePlus 8 Proレビュー

実測して、1%から充電完了まで96分間かかり、効率測量プラグのピーク効率値は38.5Wでした。実際にスマホに入る効率も約20+Wあります。

初めてワイヤレス充電を使ったOnePlusにとって、この成績は良いと言えるでしょう。以前の第一世代のWarp急速充電の速度と近いです。

アメモバ

カメラ性能|OnePlus 8 Proレビュー

バックの4カメラ、メインカメラはソニーIMX689センサー、4800W画素、4バイエル配列、10bit色深度の出力、あらゆる技術があります。

超広角は去年のフラグシップIMX586センサーであり、超マクロ撮影を提供し、超広角としてあるべきすばらしいパフォーマンスを持っています。

望遠は去年と同じプランで、サムスンS5K3M5センサーを使用し、800W画素出力、3倍ズームです。また500W画そのGC5035センサーのフィルターレンズがあります。

One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー

One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー

簡単にサンプルを見てみましょう。メインカメラがわたしに与えた印象は、底力があるということです。被写体に近づいた時、かすんでいることがはっきりしますが、被写体の縁はぼやけた影が出てきます。

One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー

逆行HRD効果は良く、明るい光の細部を保ちつつ、暗い部分もはっきりと見ることができます。

One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー

夜のOnePlusの調整は明るい光を抑える傾向にあります。こういうわけで大部分の見た目は良いのですが、光が比較的に明るい時、暗い部分の細部が弱くなり、さらには真っ暗な状況が出てきます。

One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー One plus8 Proの撮影写真サンプル|OnePlus 8 Proレビュー

超広角と望遠のパフォーマンスは現在から見て、アップされていますが、完全に最適化されておらず、進歩する空間があります。まだ試作機のハードなので、実際の撮影効果はスマホが発売された時、正式版ハードで比較したいと思います。

OnePlus 8 Pro|OnePlus 8 Proレビュー

アメモバ

まとめ|OnePlus 8 Proレビュー

OnePlus 8 ProはOnePlus 7 Proの優秀な機能を引き継ぎ、ハードにおいてさらに一層上にアップし、IP68防塵防水とワイヤレス急速充電をそろえました。今年のOnePlus 8 Proは旧世代と比べてさらに全能になり、フラグシップの称号を背負うことができるようになりました。

今年の各メーカーはそれぞれスマホの価格を上げており、OnePlusも例外ではありません。約85,000円(8GB+128GB)から、トップスペック約91,000円(12GB+256GB)です。OnePlus 8 Proはこの価格に見合うかどうかは、期待したいと思います。

当文書は 愛搞機 の許可を得て弊社が翻訳したものです。許可を得ずに画像および文書の転載などは禁止です。転載ご希望の方はcontact@amemoba.comまでお問い合わせください。

出所:愛搞機

翻訳者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com

-One Plus, One plus8 Pro, スマホレビュー
-

執筆者:

関連記事

Honor V30 Proレビュー体験:5Gに乗る時期なのか?

Honor V30 Proレビュー体験:5Gに乗る時期なのか? 崔野 愛搞機 Yesterday 今約65,000円で5Gの携帯を買うことができ、それはNSAだけでなく、SAにも対応しています。それで …

Huawei Mate Xと MateBook Pro X 最新情報まとめ

Huawei Mate Xと MateBook Pro X 最新情報まとめ すでにHuaweiがMWCで折りたたみディスプレイスマホを発表することを聞いていました。 はっきり言って、わたしは興味があり …

お馴染みのシャオミ、Mi8,シャオミ8のデザインや性能の詳しいレビュー|Mi8レビュー

お馴染みのシャオミ、Mi8に対する詳しいレビュー 著者:卢家俊、「愛搞機」 2018年5月31日、シャオミは深圳大運センターで8周年記念作品-Mi8シリーズを正式に発表しました。その中にMi8、Mi8 …

Redmi K30 4G版レビュー|25,000円の120Hzディスプレイリフレッシュレート、やばくない?

Redmi K30 4G版レビュー:25,000円の120Hzディスプレイリフレッシュレート、やばくない? 発信元: Regan 愛搞機 25,000円から、120Hzディスプレイリフレッシュレート、 …

OnePlus 7 Pro レビュー|これがフラグシップであるべき状態なのか?

OnePlus 7 Pro レビュー|これがフラグシップであるべき状態なのか? 我々はさっそくOnePlus 7 Proの簡単レビューをみなさんに紹介したいと思います。無駄話せずに直接始めたいと思いま …

iPhone買取・修理のアメモバ

カテゴリー

iPhone買取・修理のアメモバ