iPhone高価買取・迅速修理なら上野・アメ横のAmemobaへ

tel

HUAWEI HUAWEI P40 Pro スマホレビュー

Huawei P40 Pro レビュー|(Quad-Curve Overflow Display) +Leica 4カメラ

投稿日:

Huawei P40 Pro レビュー

アメモバiPad 高価買取価格表

HUAWEI 高価買取価格表

iPhone 高価買取価格表

北京時間4月8日の夜7:30において、Huawei P40シリーズの各バージョンは予定通りに出てきました。Huawei Pシリーズはスマホにおける映像の手本となる製品であり、すべてのPシリーズの製品は映像の領域で突破をもたらしました。今やHuaweiは一連の製品を通して、スマホ映像におけるPシリーズの国際地位を固めました。Huawei Pシリーズの真の敵は自分自身しかいないと言うことができます。Huawei P40シリーズの看板製品として、Huawei P40 Proへのアップグレードも注目すべきものです。

まず、Huawei P40 ProはRYYBメインカメラを継続使用してさらなる画像効果の向上を探究し、わたしたちに真新しい1/1 1.28インチRYYBセンサー5000万画素メインカメラ+世界初のRYYB配列1200万画素望遠レンズ+4000万画素の映画撮影用カメラ+3D被写界深度カメラをもたらし、再びDxOスマホ撮影スコアを128ポイントの高得点でスマホ映像の上限を更新しました。Huawei P40 Proは2020年のスマホにおける映像の手本である言っても過言ではありません。

これはスマホと言うより、「スマホに扮したカメラ」と言ったほうが良いかもしれません。映像システムを再びアップグレードしただけでなく、このスマホにはQuad-Curve Overflow Display、40W急速充電、Kirin 990 5G、真新しいEMUI 10.1などの強力なスペックがあります。それでは、この「スマホに扮したカメラ」にはどのような秘密があるのでしょうか? さっそく、Huawei P40 Proのレビューをしたいと思います。

アメモバ

iPad 高価買取価格表

HUAWEI 高価買取価格表

iPhone 高価買取価格表

1.注目点が多く、格好良い

このスマホの外観デザインは見た目で人を虜にします。カーブがかかった筐体、心地良いカラー、それらにはあなたの目を捕らえないものはありません。Huaweiは、P40シリーズのデザインのインスピレーションは、水からきたと言っています。水は異なる状態において、異なる状態の下で表現する光と影の変化が異なります。また、このようなデザイン理念はHuawei P40 Proの正面、すなわちQuad-Curve Overflow Displayに具現化されています。

HUAWEI P40 Pro

Huawei P40 Proの正面は6.58インチのQuad-Curve Overflow Displayです。フラグシップ機(旗艦機)がカーブディスプレイを標準装備とする2020年において、Huaweiはカーブディスプレイで皆が満足していた状況から、さらに次のディスプレイ形態を探究しました。「直線は人類に属し、曲線(カーブ)は神に属する」と言われている中、Huawei P40 ProにおけるQuad-Curve Overflow Displayの4辺のカーブは、水滴の自然の流れを表現し、ディスプレイの縁は「満たされるが溢れず」という視覚効果をもたらし、全体的なデザインの迫力は十分です。また、このディスプレイは画面指紋認証に対応しています。

HUAWEI P40 Pro 6.58インチのQuad-Curve Overflow Display

「満たされるが溢れず」という視覚効果

同時に注目しておきたいことは、Huawei P40 ProのこのQuad-Curve Overflow Displayは90Hzリフレッシュレートに対応しているということです。

HUAWEI P40 Pro 6.58インチのQuad-Curve Overflow Display

90Hzのリフレッシュレートはどのような変化をもたらしたのでしょうか?このようなリフレッシュレートは普段使用しているAppのあらゆるスワイプ操作が明確にスムーズになり、アニメーションの移行が細やかになり、ホーム画面をスワイプすること、もしくはWeChat操作、今日のトップニュースの更新などのときも、90Hzディスプレイはあなたに爽快な感触を与えるでしょう。

また、Huawei P40 proのディスプレイ表示効果はテュフ・ラインランドTüVフル表示認証を受けており、色彩の正確性、ディスプレイ表示の質、環境光管理、手ぶれ、ブルーライトカット性能を保証するために、すべてのディスプレイは、それぞれ単独でカラー調整を行なっています。

Huawei P40 Proの筐体のデザイン

Huawei P40 ProのQuad-Curve Overflow Displayにおいて、わたしたちはHuaweiがさらに進んで、フルディスプレイの深みと精密さを追究していること見ることができます。また、Huawei P40 Proの筐体の外観と触感も向上し、本体の幅が狭まって、厚さも比較的に心地良い範囲に収まり、実際に手に持った感触もさらに良くなりました。

Huawei P40 Proは縁のフレームデザインにおいて、ディスプレイの角Rをリモデリングしました。スマホの四隅において角R全体を覆ったデザインを使いました。このことによって、ディスプレイ効果の最適な解決を実現し、ディスプレイ保護に対する角Rの最大化することを最大限まで実現することができました。

Huawei P40 Proの背面

Huaweiはスマホのカラーにおいて伝統に陥ることはありませんでした。わたしたちが手に入れたHuawei P40 ProはBlush Gold(ゴールド)版であり、このカラーのトーンは暖かく温柔であり、極めて独特なカラーであると言えます。手に取るとき、未来的な感覚に満ちているようなモダンな製品です。

また、P40 Proを握った感触は不思議で、背面のガラスはマット加工を経過しており、バックパネルに指が触れた時、かすかな抵抗がありますが、完全に光沢でなく、従来のマット加工の粒が粗い感触もなく、実際に手に取ってみると手放したくなくなります。

HUAWEI P40 Pro アウトカメラ

筐体背面の左上の角に配列されたバック映像システムがあり、5000万画素Ultra Visionカメラ+4000万画素映画撮影用カメラ+1200万超高感度潜望鏡(望遠)カメラ+ToFカメラの4カメラで組み合わされています。

Huawei P40 Proの外観から見るだけでも、このスマホは外観において全く新しいデザイン理念と全面的な突破を持っただけでなく、カラーの提供においても全く新しい美学の理念を現しました。このスマホは実際にもたらした感触は伝統のスマホのようなものではなく、モダンの製品のようです。

アメモバ

iPad 高価買取価格表

HUAWEI 高価買取価格表

iPhone 高価買取価格表

2.さらに上のクラスの映像システム

外観の次に、P40 Proのバック映像システムを見てみたいと思います。Huawei P40 ProはRYYBメインカメラを継続し、同時に世界初のRYYB望遠レンズを採用し、また16 in 1画素混合技術(pixel binning technology)の映画撮影用レンズと3D被写界深度レンズを持っています。まず、Huawei P40 Proのバック映像システムの数値を見てみましょう。

HUAWEI P40 Proのバック映像システム

メインカメラ:5000万画素、RYYB配列、サイズは1/1.28インチ、F/1.9、4 in 1画素混合技術に対応し、フルピクセルオクタフォトダイオード、オートフォーカス(Octa PD Autofocus)、光学手ぶれ防止。

広角:4000万画素、サイズは1/1.54インチ、F/1.8、アスペクト比は3:2の黄金アスペクト比、ビデオ感度ISO51200、16 in 1画素混合ビデオ録画に対応。

望遠:1200万画素、全世界で初RYYB配列望遠レンズ、F/3.4、潜望鏡式構造、5倍光学ズームを実現、10倍混合ズーム、最大50倍デジタルズーム。

最後は3D被写界深度レンズです。

HUAWEI P40 Pro メインカメラ構成

Huawei P40 Proメインカメラのアップグレードはサイズです。メインカメラのサイズ規格は驚異の1/1.28インチに達し、現在スマホでサイズが最大のセンサーです。シングルピクセルサイズは2.44μmに達し、ISOは409600に達し、同時のこのメインカメラは唯一Huaweiが使用しているRYYB配列センサーを継続しています。

RYYB配列センサー

暗い光に対するCMOSの光の量の要求は低くなったことはありません。こういうわけで、夜間の撮影はスマホの実際の画像化能力をテストします。またRYYB配列の特性は伝統のRGB配列より40%多く光を吸収し、暗い光の環境下でさらにはっきりした写真を得ることができます。また、RYYB配列のさらに粗いスペクトル構造もHuawei P40 ProのISO上限を409600にまで到達させました。

この前にHuawei Mate30 Proに適用していた映画撮影用レンズもアップグレードし、ビデオ録画制作16 in 1画素混合技術が加わりました。

ビデオ録画制作16 in 1画素混合技術

現在スマホには4 in 1画素混合技術、9 in 1画素混合技術があり、Huawei P40 Proにおけるビデオ録画制作16 in 1画素混合は、ビデオ録画制作のときに、さらに良い画質、少ないノイズ、さらに豊かな細部表現のビデオ録画制作を実現することができます。ユーザーのビデオ録画制作における高度な要求需要にとって、それは貴重なものです。

RYYB潜望鏡ズームセンサー

人を震撼させたのは、Huawei P40 Proは真新しい潜望鏡レンズを採用したことです。これは世界初のRYYB潜望鏡ズームセンサーであり、このセンサーは5倍光学ズーム、10倍混合ズーム、最大50倍のデジタルズームに対応します。このほかにこの潜望鏡レンズは4K低速度撮影に対応しています。それは、シングルフレーム撮影の写真を多数合成することによって低速度効果を得るなどの機能を含みます。

3D被写界深度レンズは測量物体の赤外線反射の時間差を利用して、物体とレンズの相対的な距離情報を収集します。このようにして正確な被写界深度情報を得るだけでなく、Huawei P40 Proにより速いズーム速度とより良い被写界深度のぼかし効果をもたらすことができます。

RYYB潜望鏡ズームセンサー

アメモバ

iPad 高価買取価格表

HUAWEI 高価買取価格表

iPhone 高価買取価格表

3.XD Fusion画像エンジン

この他にHuawei P40 Proは更に良い撮影画面を提供するために、Huawei XD Fusion画像エンジンを内蔵しました。マルチレンズで忠実度の高い情報を融合し、語義の理解と分割、画素レベルの画質処理を通して、画像細部を増強し、映像画質全体を向上しました。マルチレンズは忠実度の高い画像情報を収集し、更に大きな画像情報量を提供し、露出、深度などの情報を保つことができます。語義の理解と分割を通して、深度、顔の特徴、肢体領域、皮膚領域を高智能的に算出し、共同にNPU神経回路網を入力します。最終的に画素レベルの画像処理を行なって、最適なぼかし効果、動態範囲、細部、カラーの画像を得ます。

Huawei P40 Proの数値のデータは極めて重要であると言えます。これからHuawei P40 Proの実際の撮影パフォーマンスを見たいと思います。まず、Huawei P40 Proの夜景撮影のパフォーマンスから展示したいと思います。

夜景モードサンプル写真

夜景モードで、Huawei P40 Proの写真撮影画面の全体的な明るさに顕著な向上が見られ、RYYBセンサーによってもたらされた重大な変化は、さらに多くの暗い部分の細部まで捕らえることが出来、夜景のパフォーマンスがさらに突出しました。写真全体の画像化効果がクリアになっており、画面の暗い部分の細部まで保っていることを見ることができます。

夜景モードサンプル写真

わたしたちが見ることができたのは、極めて高い光の感度がスマホの夜景撮影に絶大な優勢をもたらし、実際に夜景撮影した画像は細部、カラーを保ち、同時に画面に極めて高い純度を保ちました。メインカメラは、夜景の中で絶大な優勢を占めていると言うことができます。また、このような優勢は肉眼と比較してどのような効果があるのでしょうか? それでは比較してみましょう。

夜景モードサンプル写真夜景モードサンプル写真

肉眼に類似した外観(上)とHuawei P40 Proの実際に撮影した効果(下)

上記の上の画像はHuawei P40 Proのプロモードの調整によって、肉眼の実際に類似した外観の効果であり、上記の下の画像はHuawei P40 Proの夜景撮影を通して実際に得た画像化の効果です。比較するとよくわかりますが、夜間モードにおいて、肉眼より画面のクリア度は上であり、露出の制御、ノイズの抑制が極限の環境の下でも肉眼を超えたパフォーマンスを持っています。

メインカメラの実際の夜景撮影過程において、HuaweiはRYYB配列CMOS、HiSilicon半導体が提供する新第5世代ISP、ダビンチ構造NPU、自己開発の露出と処理演算を通してコントロールし、フルリンク、端末相互間の映像システムを構成しました。

これから、わたしたちはそれぞれのズーム段階での夜間撮影のパフォーマンスにおいて、Huawei P40 ProとiPhone 11 Pro Maxを比較表示することを通して、Huawei P40 ProにあるこのRYYB望遠レンズの実際の威力を検証したいと思います。

iPhone11 Pro Maxとの比較

この二つのスマホは広角の撮影過程の中で、レンズのすばらしい素質を現しましたが、Huawei P40 Proは実際の画像の細部において一歩勝っています。もし、写真の右側の緑化した草地を細かく観察するなら、さらにクリアな細部を見ることができます。また、iPhone 11 Pro Maxの広角レンズは細部の最適化に対して一般的です。

iPhone11 Pro Maxとの比較

とても顕著に見ることができますが、Huawei P40 Proは夜景モードのディフォルトにおける実際のパフォーマンスはiPhone 11 Pro Maxより優れています。特にHuawei P40 Proはオレンジライトの抑制に対して、画面の実際のパフォーマンスに対して、カラーの還元に対しても一歩勝っています。

iPhone11 Pro Maxとの比較

ズームが5倍に引き上げた時、iPhone 11 Pro Maxの実際の夜間撮影のパフォーマンスはすでにHuawei P40 Proと比べることはできなくなっています。Huawei P40 Proは5倍ズームで実際のパフォーマンスは極めて突出しており、Huawei P40 Proが撮影した標識の文字もはっきりと見ることができ、iPhone 11 Pro Maxは文字の縁がぼやけ始めています。

iPhone11 Pro Maxとの比較

iPhone 11 Pro Maxは最大10倍ズームに対応していますが、10倍ズームの状況で、実際の道路標識の文字はすでにぼけしまっています。実際の画像化の効果において、Huawei P40 Proは10倍ズームの状況でも、強力なソフトとハードの性能を通して夜景にあるべき様子を還元することができました。

Huawei P40 Proの50倍ズーム効果

Huawei P40 Proの50倍ズーム効果

また、Huawei P40 Proは最高50倍ズームに対応しており、また、50倍ズーム効果も極めて卓越しています。このような効果ははっきりと遠くの物を見ること以外に、新しい夜間撮影の遊び方がさらに豊かになりました。たとえば月を撮影することなど。

Huawei P40 Proの50倍ズームで撮影した月

Huawei P40 Proの50倍ズームで撮影した月

Huawei P40 Proは50倍ズームを通して撮影した月は驚異的です。月の顔が瞬間的に極みまで近くまで引っ張られました。夜間撮影で最も恐れられているものは、撮影に対する手ブレの影響ですが、Huawei P40 ProにはAISとOIS手ブレ補正機能が備わっており、ハードとソフトの間の機密な連携を通して、望遠撮影手ブレ補正機能を引き上げ、高ズームの画像化を引き上げました。同時にHuaweiの新しい技術であるフルピクセルオクタ(Octa)コアフォーカスも夜間でフォーカスする過程の中で大きな力を発揮しました。

Huawei P40 ProはHuaweiの「暗視機器」の伝統を継続したと言えます。夜間撮影のパフォーマンスにおいて、Huawei P40 Proは現在のスマホの中で唯一の存在です。これからHuawei P40 Proの昼間のズーム効果を見てみたいと思います。

Huawei P40 Proの撮影写真サンプル

昼間の画像は比較すると、Huawei P40 Proの実際の効果は極めて卓越しています。5倍ズーム、10倍ズームの状況で、撮影の画面もとてもクリアで、画質は高レベルに保っています。具体的な撮影時間は12時であり、50倍ズームの状況で、わたしたちは時計の針が指す方向を具体的に見ることができます。昼間において、このようなズーム効果は唯一のものであるということができます。

Huawei P40 Proのディフォルトモード撮影写真のサンプル

Huawei P40 Proのディフォルトのサンプル

これから、Huawei P40 Proのディフォルトのサンプルを数枚鑑賞したいと思います。言うことはあまりありません。Huaweiハードウェアとの共同の最適化の下で撮影された写真は直接壁紙として使えます。後処理することさえ必要ありません。

Huawei P40 Proのディフォルトモード撮影写真のサンプル

Huawei P40 Proのディルと撮影

室内の複雑な光の環境下でも、Huawei P40 Proのカラー還元は十分に正確であり、カラー還元は群を抜いています。

Huawei P40 Proのディフォルトモード撮影写真のサンプル

Huawei P40 Proディフォルト撮影

Huawei P40 Proを通して撮影したぬいぐるみは、カラー、画面上の表現においても、とても迫力があります。このような調色は、一般のユーザーでも簡単に高い質の写真を写すことを可能にします。

Huawei P40 Proのディフォルトモード撮影写真のサンプル

Huawei P40 Proのディフォルト撮影

正午の光に照らされた獅子の石像。獅子の石像の細部において、太陽光によってもたらされた光と影の変化はすべてこのメインカメラに収められ、優れた還元効果を発揮しています。このメインカメラにおける昼間撮影のパフォーマンスは極めて優秀であると言うことができます。

また、Huawei P40 Proの動画撮影面において、比較的に優秀な性能を持っています。特にHuawei 7680 fps動画撮影ですが、わたしたちは、Huaweiを通して7680fps動画撮影に対する遊び方が引き上げられたことをはっきりと感じることが出来ました。

7680fps動画の撮影は、スマホのハードに対する要求がとても高く、またHuawei P40 Proは7680fps動画撮影の基礎の継続において、使用の可能性をさらに一歩前進させました。

Huawei P40 Proのフロントカメラは3200万画素のレンズ+被写界深度レンズ、Huawei 8PD(photo detector)のマルチスペクトルカラーセンサー組み込み+AI演算によってHuawei P40 Proの自撮りが複雑な光の下でも正確なパフォーマンスを持つことができます。Huaweiの人物像演算と組み合わさって、実際の人物撮影では、人物の真の美観を再現し、肌のきめ細かい質感を保ち、生き生きした細部を再現し、光と影の調整を通して、画面にさらに立体感を与えました。

アメモバ

iPad 高価買取価格表

HUAWEI 高価買取価格表

iPhone 高価買取価格表

4.P40 Proの撮影技術についてのまとめ

Huawei P40 ProはHuaweiの深い技術の蓄積における基礎の上で、スマホ撮影の上限を再び更新しました。それは、現在スマホのメインカメラのサイズが最大であること、もしくは全世界初の商用RYYB望遠レンズ、また最新の最適化アップグレードで16 in 1混合画素の映画撮影用レンズにおいても、Huaweiは超強力な技術、創造力、企業執行力を使って2020年のフラグシップ機における撮影の新記録を実現しました。

ユーザーの角度から見ると、Huawei P40 Proは撮影熱中者に適しているだけでなく、多くのユーザーが生活をクリアに記録することに適しています。Huaweiは一般の消費者の需要を満たしただけでなく、消費者の極限までの撮影の需要に対してもすべて受け入れました。Huawei P40 Proにおいて、現在すべての困難は問題でなくなりました。

5.Kirin990 5Gからもたらされる5G体験と強靱な性能

Huawei P40 Proは、HiSilicon Kirin 990 5G SoCを内蔵しており、このSoCはプロセッサーとベースバンドの両者を統合し、また革新的なCPUの3段階のエネルギー効率構造、16コアGPU HA Clusterをデザインしました。これは現在トップの5G SoCであると言えます。

Kirin 990 5GのCPUの部分は、2つの巨大コア(Cortex-A76をベースに開発)+2つの大コア(Cortex-A76をベースに開発)+4つの小コア(Cortex-A55)の3段階のエネルギー効率構造CPUです。最高のクロック数は2.86GHzに達します。GPU部分は16コアのMali-G76 GPUで、HuaweiスマホチップのGPU規模のトップを築き、首位の性能と効率を持ち、Huawei独自のGPU Turbo技術と組み合わされて、一流の性能と効率となりました。

HiSilicon Kirin 990 5G SoC

NPUの部分において、Kirin 990 5Gはダビンチ大コア+新しい微小コアのデザインを採用し、2種類のコアはそれぞれ異なる需要のタスクに応じ、同時に性能と効率を保ちます。

Kirin 990 5G NPU

5G面において、Kirin 990 5GのBalong5000ベースバンドはNSA+SAのダブルモジュールネットワークに対応し、スマート上り回線解放(uplink offloading)デザインによって5Gの電波が弱いところでもさらに良い使用体験を提供するだけでなく、帯域幅割り当て技術を通してさらに良い5G効率パフォーマンスをもたらしました。以下は、Huawei P40 Pro の5G性能の実測です。

Speedtest実測速度

Speedtest実測速度

現在5Gネットワークセットはすでに消費者と出会っています。皆さんはスマホを購入する過程の中で徐々にそのスマホが5Gに対応しているかどうかを重視し始めています。そしてHuawei P40 Proの5Gの実測速度は960Mbpsに達しています。それはまた、わたしたちが常用している120MB/sです。

註:現在の5G速度テストデータはネットワーク、サーバー、周辺環境、有線上の同時使用ユーザー規模などの要素によって影響されています。データに一定の上下があることは正常な状況です。今回テストした場所は十分かつ全面的にカバーしておらず、Huawei P40 Proの5対応に対して完全に再現できませんでした。

Huaweiアプリショップのソフトダウンロード速度

Huaweiアプリショップのソフトダウンロード速度

5Gネットワークの環境の下で、Huawei P40 Pro 5Gのソフトダウンロード速度パフォーマンスも極めて優秀であり、69MB/sあたりに安定しており、1.7GBサイズのゲームは1分間以内にダウンロード完了します。

5Gゲーム遅延テスト

5Gゲーム遅延テスト

5Gゲーム遅延テスト

5Gネットワークの下でのゲーム体験から見て、「王者栄耀」であれ、「和平精英」であれ、両方とも極めて低い遅延状態を保ちました。注意すべきことですが、これはまだ5G設備がまだ初期のネットワーク状況であるということです。5Gネットワークがさらに普及したなら、ゲームの遅延はさらに低くなるでしょう。

5Gゲーム遅延テスト

5Gゲーム遅延テスト

Huawei P40 Proの強力な接続性能はWi-Fi 6対応において現れます。Huawei P40 ProはHiSilicon Hi1105チップを内蔵しており、160MHz帯域幅、1024-QAM高変調方式に対応し、全世界最速のWi-Fi接続速度を実現することができます。理論上ピーク速度は2.4Gbpsです。またHuawei Wi-Fi 6ルーターと組み合わさるとさらに優れた無線ネットワークの体験を実現することができます。

Kirin 990 5G SoCの強さはまた性能においても体現できます。ゲームテストの段階で「王者栄耀」の設定で最高画質をオンにし、Gamebench実行時フレームレートは60fpsに安定していました。Kirin990 5Gが人を驚かせたところは、全行程において安定したフレームレートを表示したことでした。基本的にフレームレートが落ちたり、揺らいだりした状況は起きませんでした。

「和平精英」はHuawei P40 Proで最高HDR高解像度+超高フレームレート(40fps)までつけることができ、ディフォルトの最高画質のパフォーマンスの下で、フルフレームフレートで実行することができました。

実際のゲームテストから見て、Huawei P40 Proのゲームパフォーマンスは現在のアンドロイド陣営の中で第一のチームと言えるでしょう。また、このことはHuawei P40 Proの優秀なヒートシンク(放熱)パフォーマンスからも見ることができます。

Huawei P40 Proのヒートシンク構造は3D石墨フィルム+VC液体冷却です。VC液体冷却にはさらに高い放熱効率があり、熱源に接触する面積がさらに大きいので、スマホの重度の使用過程において、発熱せずに安定した性能を出力することができます。

Kirin990 5G SoCはHuawei P40 Proに尽きることのない湧き上がる動力を提供し、また完備した放熱体系はスマホ性能の発揮をさらに一つ引き上げました。5Gの実際のパフォーマンスにおいても、性能面のパフォーマンスにおいても、あなたがスマホのライトユーザーであっても、ゲーム重度熱中者であっても、Huawei P40 Proの実際的なパフォーマンスは強力な素質を現しました。

アメモバ

iPad 高価買取価格表

HUAWEI 高価買取価格表

iPhone 高価買取価格表

6.機能豊富、きれいで使いやすいEMUI10.1

Huawei P40 ProはEMUI10.1システムを搭載し、初めて使った感覚として、今回のシステムUIは以前と比べて「若くなった」感じがします。例えば、設定の中の丸角のアイコンなど、多彩なデザインは見張るものがあります。

EMUI10.1

EMUI10.1EMUI10.1

EMUI10.1

新しい操作方法を試していく中で、Huawei Mate30シリーズ上にあるリモート操作はHuawei P40 Proにおいても継続されました。このようなディスプレイから離れて使う方法はリモートで上下スクロール、スクリーンショットなどスマホに対応する操作を実現しました。

リモートスクリーンショット

リモートスクリーンショット

AIリモートコントロールはジェスチャセンサー、微小NPUを通して、低電力消費稼働を実現しました。画面から離れた非接触相互作用として、上下スクロール、スクリーンショット操作を実行します。同時にHuawei P40 Proはさらにリモート操作の識別感度を向上し、リモート操作体験がさらにスムーズになりました。

カワセミAOD表示

カワセミAOD表示

オフスクリーン表示のデザインにおいて、HuaweiはカワセミAOD表示をデザインしました。具体的なインスピレーションは詩人の白居易の詩「枝梢袅青翠,韵若风中弦」(青翠はカワセミ)からきています。わたしたちはこのディスプレイのメッセージ表示は数字と画像の分割レイヤーを使っていることが見ることができます。最前面レイヤー、数字レイヤー、背景レイヤーの三層重なったデザインであり、前後の立体的被写界深度の視覚をもたらしました。

サイドアプリ欄

サイドアプリ欄

サイドアプリ欄

皆のマルチタスク操作の使用需要を満たすために、指を画面の両サイドから内側へスワイプして止めるとサイドからアプリ欄が出てきます。長押ししてドラッグすると画面を分割する操作ができます。

計算機のインターフェース

サイドアプリ欄でゲーム中に計算機のインターフェースを呼び出す

このような操作が最も便利にすばやく使われるところは、動画、ゲームなどの「没頭式」アプリの中です。即時的な情報、突然取り扱う問題を浮いているウィンドウズで解決することができます。他の事柄を処理している間、没頭していたゲームや動画は中断することはなく、操作は簡潔で高効率です。

Huawei Share「OneHop」

Huawei Share「OneHop」

Huaweiの「Huawei Share OneHop」機能はHuawei P40 Proで継続され、スマホとPCの革命的な連動を実現しました。軽く触れるだけで、スマホの画面をパソコン上に同期(Matebookはこの機能に対応する)します。直接ドキュメントをドラッグすることに対応し、システムの阻害を打開しました。デスクトップからスマホにまで仕事の編集を継続すること、あるいは家族友人にゲームの鮮やかな戦績をシェアすることでも一回コツンとすればできます。またPC上でアプリを開くことができ、パソコン上でスマホのゲームをしたり、動画を見たりすることができます。

スムーズトーク

スムーズトーク

新機能であるスムーズトークはHuawei P40 Proで体現されました。スムーズトークは1080pビデオ通話に対応し、解像度は一般的に使われている主なビデオ通話ツールを超えています。Facetimeと比べると、画面の質はさらに高く、パケットも節約しています。暗い光の状況でも、スムーズトークは画面の自動最適化を行ないます。ビデオ通話している間、美肌表示ができ、解像度と明るさを向上しました。

Huawei P40 ProはNFC全機能を内蔵し、一般的に知られているNFC認証、さらにはインターネット電子身分証明書(eID)に対応しています。

Huawei P40 ProはNFC機能

eIDにおいて、すでに数分でクラウドにおいて開通し、数秒でオフラインID認証し、数秒でオンライン身分認証の高いセキュリティ体験を実現しました。現在において、ユーザーは、Huawei P40 ProのNFCを通して、すべての場所でNFCからもたらされる利便性を応用することができます。Huawei P40 ProのEMUI10.1は使いやすさ、実用性、美観の三者をさらに一つ上のレベルへと押し上げました。

アメモバ

iPad 高価買取価格表

HUAWEI 高価買取価格表

iPhone 高価買取価格表

7.心配なしに一日使用できる持続時間

Huawei P40 Proは4200mAhの大容量電池を搭載し、また40W(10V4A)Huawei超急速充電と27W Huaweiワイヤレス充電技術を保有しています。ゲーミング、TikTok動画、ドラマを見ることにおいて、バッテリーの心配なしに使えます。

Huawei P40 Pro バッテリー持続時間テスト

5時間の重度使用において、撮影テスト(30分間)、動画再生テスト(60分間)、SNSテスト(30分間)、ビデオ通話(30分間)、ネットサーフィン(30分間)、ゲームテスト(60分間)、オンラインミュージック(30分間)、電子書籍(30分間)して最終的にHuawei P40 Proの電池残量は53%でした。4200mAhの電池容量は優勢であることに間違いありません。

Huawei P40 Pro 充電時間テスト

このほかに、Huawei P40 Proは新世代の40W Huawei超急速充電を装備し、充電変換効率が98%に達し、30分の充電量は70%です。今回のHuaweiの超急速充電効率が高く、同時に15層のセキュリティに対応し、信頼のテュフ・ラインランドTüVの安全認証を獲得しているので、充電はさらに速く安全になりました。

また、Huawei P40 Proが対応している27Wのワイヤレス充電は、大いにスマホ充電の利便性を向上させました。同時にワイヤレス逆充電の技術も加わり、ほかの設備の電力補給を緩和しました。

ここにて、Huawei P40 Proの秘密はすべて明かされました。

まとめ

冷静に評価すると、Huawei P40 Proの映像能力はP30 Proの基礎からさらに多くの変化をもたらしました。またHuawei はP40 Proにおいて多くの変化をもたらしました。HuaweiはRYYB配列の基礎からさらに進んで多くの可能性を探究し、メインカメラにさらに大きいサイズのRYYB配列センサーを採用しただけでなく、またRYYB配列を望遠レンズに搭載して、前代未聞のズーム体験効果をもたらしました。

Huawei P40 Pro

さらに驚いたのは、Huaweiはセンサーハード以外にXD Fusionイメージエンジンを加えたことです。金属の手ぶれ補正を記憶し、AI演算の画像調整はHuawei P40 Proの撮影画像効果をさらに一歩向上し、最終的にP40 ProはDxO 128点の第一位の成績を獲得しました。映像除去部分の進歩、P40 Pro全体の外観の質感、実際の使用体験にも消費者に対するHuaweiの深い理解がありました。Huaweiは消費者から見る「フラグシップ機」にあるべき姿を描写しました。

Huaweiはスマホの映像における進歩は、すでに無双状態です。Huaweiを前進させたのは研究開発の深く、厚い蓄積と未知を探究する勇気でした。深くて厚い技術を持つHuaweiがまたどのような真新しい手法でスマホの映像規則を変えるのかが全く想像できませんが、Huaweiがスマホ映像の前進する方向を探究する勇気は確かに感服するものがあります。

アメモバ

iPad 高価買取価格表

HUAWEI 高価買取価格表

iPhone 高価買取価格表

出所:ZOL

翻訳者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com

-HUAWEI, HUAWEI P40 Pro, スマホレビュー
-

執筆者:

関連記事

OPPO Reno3 Pro 5Gレビュー|防御できないスマホ

OPPO Reno3 Pro 5Gレビュー|防御できないスマホ From: 愛搞機靚仔們 愛搞機 Today 作者丨Hikari 画像撮影丨陳不是 Reno3 Proは杭州で正式に発表されました。これ …

OnePlus 7T Pro McLaren レビュー|5Gがなくても深くわたしの心をつかんだ

OnePlus 7T Pro McLarenレビュー|5Gがなくても深くわたしの心をつかんだ From: 愛搞機靚仔們 愛搞機 2 days ago 本文作者:Hikari 画像:陳不是 OneOlu …

コスパの後継者|realme X2 Pro体験レビュー

コスパの後継者|realme X2 Pro体験レビュー From: 愛搞機靚仔們 愛搞機 作者&写真丨Hikari realme X2 Proの所感|realme X2 Proレビュー これは …

シャオミ9

Xiaomi9 詳細体験レビュー | 5万円ほどの価値はるか?

Xiaomi9 詳細体験レビュー | 5万円ほどの価値はるか? 今年のXiaomiフラグシップ機は往年より早めに発表されたので、わたしたちのレビューも早めにしました。 スペック|Xiaomi9レビュー …

iPhone11

iPhone11 レビュー|二代目絶品機種

iPhone11 簡単レビュー|二代目絶品機種 From: 愛搞機 本文作者:Hikari iPhone11の格安修理はこちら iPhone11 高価買取価格表はこちら iPhone11 Pro高価買 …

iPhone買取・修理のアメモバ

カテゴリー

iPhone買取・修理のアメモバ