MFi認証とは&本物と偽物の区別をどのように見極めればよいかを詳しく解説します。

MFi認証とは&本物と偽物の区別をどのように見極めればよいかを詳しく解説します。

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhoneの市場シェアがより一層高まっている今、オンラインのネット販売会社,またオフラインでは電器会社のスマホ売り場等は、相次いて価格合戦のマーケティング戦略を用い競争が激化している。価格競争の幕が上がると、スマホの利益は驚く程低くなり、その隙間を狙った小賢しい悪徳商人達は、消費者が防ぎきれない様々な手法を用いるようになってきた。

純正付属品

元々iPhoneの同梱物には充電器(5V電源アダプタ、正式発売価格149元約(2500円)、Lighting&USB接続線、正式発売価格149元(約2500円)、EarPods、正式発売価格228元(約4000円)。これらの付属品を合わせた正式販売価格の総額は526元(約8800円)である。しかし、偽物やパクリであれば市場の価格はたった数十元(約二百円から千円)程度である。

ユザーの皆さまが被害にあわないように、iPhoneの純正品模造品を区別できる方法を作成致しましたので、ここで皆様にご紹介しましょう。

偽物の充電器とケーブルでチャージすると、スマホの寿命を縮めることは明白である。弊社が関わった修理の必要があったiPhoneの中には、やはりユーザーが偽物の充電器やケーブルを使用したのが原因で、iPhoneに重大なダメージを受けた可能性が高い事例が数多くの割合を占めていた。主な原因として、偽物の充電器の出力電圧/電流は関連する規格に準拠していないということが考えられる。

本物&偽物のLightingケーブル対比

本物iPhoneのLightingケーブルにはチップが組み込まれており、iPhoneに接続する際にチップの認証機能が働き、偽物やMFi認証を取得していないケーブルならばiPhoneを正しく充電することが出来なかったり、エラー表示出たりする。とは言いつつも、中国では頻繁に起こり得る事であろう。Lightingケーブルに使用されているチップは、もはや解読され、iPhoneに接続しても通常通り使用できるようになっているが、その品質保証だけは全くもって不安が残る。

純正ケーブルと偽物の比較

本物のLightingケーブル接続口では細部への処理が滑らかであり、型の残った痕跡は薄く、流体化したフォントもはっきりしている。

純正ケーブルと偽物の比較

強烈な光の元に、本物のLightingケーブルをかざすと光線を通過することができる。解体すると、本物のLightingケーブル内に識別チップが見えるが、偽物の中にはチップが存在していない。

本物&偽物Lightingケーブルの解体比較

Lightingケーブルの分解を通して、純正ケーブルと、MFi認証を取得していない偽物ケーブルを比較して見れば、使用されている材質や内部構造に大きく違う優劣性一目瞭然であることが明確に判った

 

 本物&偽物ACアダプターの対比

純正ACアダプターと偽物の比較

本物&偽物の対比:本物の充電器USB接続口は滑らかで、スポットも艷やか、且つ鮮やかであり、内部の序列番号も綺麗に整っている。偽物の充電器ならば、仕上がりは乱雑で、USBスポットにも艶がなく薄暗く、序列番号もぼやけている。

本物&偽物の充電器対比

純正ACアダプターと偽物の比較

本物&偽物充電器解体した後内部の対比:

本物&偽物充電器内部構造は材質もはっきりと違っている。本物の材質や細工はきちんと明確であるが、偽物の充電器の材質や仕上がりは非常に乱雑である。

本物&偽物EarPodsイヤホン対比

近年の発表会において、アップルはEarPodsイヤホンを発表した。EarPodsイヤホンは一体化した半耳入りのデザインを使用し、優れた音質のうえに、消費者達の好評が多いだけでなく、主にオンライン上で電子商品を販売する商人達の愛顧も受けたと言われている。偽物のEarPodsの仕上がりは粗雑であるだけでなく、コストも安価で音質も劣化している。

純正イヤホンと偽物の比較

本物のEarpodsイヤホンの外観は繊細で滑らかであるが、偽物のEarpodsイヤホンの仕上がりは非常に粗雑である。

純正イヤホンと偽物の比較

本物&偽物Earpodsイヤホン解体対比

解体すると、イヤホン・コントローラが見える。イヤホンキャビティの内部やスピーカー部品で、本物と偽物の細工や材質が全く違う。

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

まとめ

偽物の部品はクオリティに問題があるだけでなく、使用しているうちにiPhoneの寿命を縮める可能性がある。消費者がiPhoneや関連する部品を購入する際に本物と偽物を識別できる能力を常日頃から持ち合わせておくべきだと考える。ひたすら安価な物を追求しているだけでは、必要のない損害を被ってしまう恐れがあるからである。

MFIとは?

MFiとはなんでしょうか?MFiはただの略称で、全称は:「made for iPhone」、「made for iPod」、「made for iPad」である。MFiは、アップルがiPhone、iPodとiPadに関連するグッズのために作った発展計画と許可認証のプロセスである。

MFiの後ろに他の言葉が付いている場合もある。例えば、「MFi許可の技術」と言うのは第三方部品とiOS設備を接続する技術のこと(例:30pinのケーブル、Lightingケーブル、Airplayオーディオ伝送、Carplay、イヤホンライン・コントローラ)である。

「MFi認証」と言うのはこれらの第三方接続部品への認証のことである。

MFi認証には二種類ある。一つはMFi技術開発証書、もう一つはMFi生産製造証書である。MFi技術開発証書とMFi生産製造証書の保有する会社だけがMFi認証を有する商品を作れるのである。当然、この二つの証書は同会社でおこなっても大丈夫である。

何故MFiの認証は必要なのだろうか?

MFiの認証許可を取得するには非常に厳しい制限が要る。つまりは、アップルには非常に厳正な審査制度があるということ。例えば、ある会社が最初のMFi申し込み表を完成させたところ、申請資格の適性が原因で拒否される可能性もあり、認証許可をもらえる確率は僅か2%である。MFiの認証許可を申し込み、それでいて最後まで到達できるということは、既にアップル部品生産企業とデザイン企業が、技術とクオリティの面で相当の実力を認めたという象徴となり得るのである。

認証後の商品メリットは:

・商品そのものはアップルの設備との互換性が適合している。

・アップルのデザインに相応しい業界トップのデザイン能力を持つことを認められる。

・アップルの厳しいテストを通過したので、クオリティの保証がある。

MFiは何のために?

安全!安全!兎にも角にも安全!

先頃、品勝電子株式会社はブログで、

「アップルのMFi強制認証許可は独占の疑いがあるので、一元(約20円)の賠償を要求する。」と訴えた。

以下の内容は品勝電子ブログより

「アップルのMFi強制認証許可は独占の疑いがあると判断し、品勝電子株式会社は一元(約20円)の賠償を要求する。」2017年8月28日、広東品勝電子株式会社はアップル会社の独占の疑いに対してこう正式に訴えた。品勝はこの十数年で3C部品を経営、生産しているうちに、MFi強制認証許可は商品の安全性への保証が全くないと思い知らされたという。それらは、いわばアップル商品や部品組み立て市場の公平公正に基づいた原則に反している。ここで、品勝株式会社は、アップルがこのような独占行為を停止すると願い、更に一元(約20円)の賠償を要求するに至った。北京市知的財産権裁判所はこの案件申し出を正式に受け入れたという。ネット上の皆様の本件への関心、ご意見も大いに歓迎致します。

品勝は、アップルのMFi認証許可は商品安全性への保証が一つもなく、逆にアップル商品や部品組み立て市場の公平公正を阻害していると強く主張。

確かに品勝の言った通りに、アップルはMFiを通して相当の大金を稼ぎ出したのかも知れないが、ここでまず理解すべきことは、第三方の会社がもしもMFi認証許可を手に入れたいと考えるのであれば、必ずそれ相当の厳しい制限が課せられているということ。アップル自身は厳正な審査制度を有しているので、MFi認証許可の通過率は僅か2%であるということ。ある意味、MFiの授権を手に入れることに成功した第三方の会社は、生産技術や商品クオリティでアップルの絶大な認めをもらったとも言えるであろう。以前大分前に、MFi認証をうけたケーブルの価格を確認すると、通常のケーブルよりも値段がかなり高くなっていたが、今の市場では、その価格帯は既にユーザー達が受け入れられる範囲内に入っているともいえよう。

品勝は革新的なデジタル3C会社として、中国国内ではかなりの知名度を保っているが、今回の事件については誠に“品勝”らしいとも言える出来事であろう。アップルの正式なMFi認証許可が使用出来ないことを、もはや当たり前のように理解することは、まさに滑稽で、ある意味“チンピラ行為”的な表現として確立するとも言えるであろう。

iPhoneの買取なら 東京・上野 アメモバ

iPhoneの高価買取ならアメモバ!

iPhone 買取価格 iPhone11 買取価格
iPhone11 Pro 買取価格 iPhone11 Pro Max 買取価格 
iPhone XR 買取価格 iPhone XS 買取価格
iPhoneXS Max 買取価格 iPhoneX 買取価格 
iPhone8 Plus 買取価格 iPhone8 買取価格
iPhone7 Plus 買取価格 iPhone7 買取価格
iPhone6s Plus 買取価格 iPhone6s 買取価格
iPhone6 Plus 買取価格 iPhone6 買取価格
iPhoneSE 買取価格 iPhone5 買取価格

当文書はGeekbarの許可を得て弊社が翻訳したものです。許可を得ずに画像および文書の転載などは禁止です。

出所:GeekBar.cc

翻訳者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com