iPhone高価買取・迅速修理なら上野・アメ横のAmemobaへ

tel

Apple情報 スマホレビュー

正三角形|iPhone 11 Pro Max レビュー

投稿日:2019年10月3日 更新日:

正三角形:iPhone 11 Pro Maxレビュー

From: 愛搞機靚仔們 愛搞機

本文作者:Hikari

画像:陳不是

iPhone 11 Pro Maxを筆者はすでに手に入れて数日経ちますが、諸事情により、レビューは現在に至りますが、おしゃべりはやめて直接レビューに入りたいと思います。

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

外観|iPhone 11 Pro Maxレビュー

iPhone11 Pro Max 外観①

iPhone11 Pro Max 外観 iPhone11 Pro Max 外観③

関連にしたがって、外観から始めたいと思います。iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxにあるガラスにステンレススチルのデザインを継続しました。

背面で最も目立つものは、トリプルカメラモジュールに他なりません。今年のiPhone 11 Pro Maxは超広角レンズを加え、常用の撮影焦点距離を補いました。超広角13mm、広角26mm、望遠52mm、メインカメラと超広角、望遠との関係はすべて整数倍数のズームの関係です。トリプルカメラの配置は正三角形の三つの角にあり、トリプルカメラのレンズはガラスパネルからわずか突き出ており、カメラモジュール全体も少し出ています。

iPhone11 Pro Max カメラモジュール

iPhone11 Pro Max カメラモジュール

背面にあるもう一つの大きな変化は磨りガラスを使用したことです。アップルは「マット質感ガラス」となり、触感は前世代のXS Maxと完全に異なります。また、指紋が付きにくくなっており、質感と触感が一レベル引き上げられました。バックパネル全体の見た目を考慮して、アップルはLOGOを本体の真ん中の位置に移動しました。こういうわけで、人混みの中であなたが新iPhoneを使っていることは目立ちます。カメラモジュールもミラーガラスを使用しています。

これと同時に、今回の本体の防水性能もアップしました。同じIP68等級ですが、今回のテスト条件は水深4mで30分放置することでした。また、XSシリーズは水深2mで30分の放置でした。

iPhone 11 Pro Maxには4つのカラーがあり、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーン、ゴールドです。これらのカラーの中で個人的に一番格好良いのは、絶対ミッドナイトグリーンでしょう。このミッドナイトグリーンとiPhone 11のグリーンとは大きな違いがあります。iPhone 11 Pro Maxのグリーンの明るさは低く、引き締まった感じで、磨りガラスと組み合わされて、質感がさらに勝っています。12万円ほどするスマホであるので、質感が悪かったら大変でしょう。

iPhone11 Pro Max フレームデザイン① iPhone11 Pro Max フレームデザイン② iPhone11 Pro Max フレームデザイン③

今回の新Maxのスリーサイズと重さはまたアップし、厚さは7.7mmから8.1mmに、長さと幅も相応にアップしました。重さは前世代の208gから226gになり、ケースにフィルムをつけると、300gぐらいになります。アップルはユーザーに筋力鍛錬させることを決めたのでしょうか?

iPhone11 Pro Max ディスプレイ① iPhone11 Pro Max ディスプレイ②

正面には何の変化もなく、依然として6.5インチのノッチ式画面です。同じ味わいです。唯一の違いは、ノッチのスピーカー部分が縮小したことです。

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

ギャラリー|iPhone 11 Pro Maxレビュー

iPhone11 Pro Max ギャラリー① iPhone11 Pro Max ギャラリー② iPhone11 Pro Max ギャラリー③

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

撮影|iPhone 11 Pro Maxレビュー

今年のiPhoneは超広角焦点距離を加え、日常的に使う幾つかの焦点距離を補いました。

メインカメラ:1200MP、f/1.8絞り、EFL 26mm焦点距離、OIS光学手ぶれ

望遠:1200MP、f/2.0絞り、EFL 52mm焦点距離、OIS光学手ぶれ

超広角:1200MP、f/2.4絞り、EFL 13mm焦点距離(120°視覚)

サードパーティーのソフトを使用すれば、トリプルカメラの同時作動を実現することができます。これは、スマホのプロセッサーに対して、非常に大きな負荷を与えます。

筆者もiPhone 11 Pro Maxを使用して幾つかのサンプルを撮影したので、参考にして下さい。

メインカメラ|iPhone 11 Pro Maxレビュー

iPhone11 Pro Maxの撮影写真サンプル① iPhone11 Pro Maxの撮影写真サンプル②

望遠|iPhone 11 Pro Maxレビュー

望遠モード撮影写真サンプル① 望遠モード撮影写真サンプル② 望遠モード撮影写真サンプル③

超広角|iPhone 11 Pro Maxレビュー

超広角モード撮影写真サンプル① 超広角モード撮影写真サンプル② 超広角モード撮影写真サンプル③

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

性能|iPhone 11 Pro Maxレビュー

アップル最新のA13 Bionicチップを搭載し、「Bionic」という名称はA11 Bionicから二世代継承されています。プロセッサーのメインフレームは変わらず、依然として、4つの効率コアに2つの性能コアです。独自の4コアGPU、また人工知能エンジンもアップグレードしました。筆者は幾つかのテストを実施しており、結果は以下の通りです:

CPU性能テスト

CPU

GPU性能テスト

GPU

CPUとGPUは基本的にアップルの発表会で述べたアップグレードと一致しています。従来のアップグレードと言えますが、A10からA11 bionicのような超大型の躍進はなく、アンドロイド陣営のチップメーカーに隙を与えました。Qualcommが来年のSnapDragon 865に力を入れて、消費者に失望させないようにすることを願います。

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

ディスプレイ|iPhone 11 Pro Maxレビュー

iPhone 11 Pro Maxの正面は依然として6.5インチのノッチ式ディスプレイであり、解像度2688×1242、485ppi、HDR内容表示可能、2000000:1コントラスト比、アップルはこのディスプレイを「Super Retina XDRディスプレイ」と呼んでおり、最高輝度は800nitに達し、HDRにおいて1200nitに達すると発表しています。

iPhone11 Pro Max ディスプレイ

筆者もこのiPhone 11 Pro Maxに対して明るさのテスト行ないました。マニュアル最高輝度は801nitに到達し、自動補正で870nitに達することができました。この数値は去年のXS Maxよりも上がっています。

このディスプレイの実際表示効果も、アップルの従来の優秀な素質を維持しました。色彩表示は正確で、見た目が心地良いです。実はアップルの設備表示に対して心配する必要はなく、毎年の新iPhoneのディスプレイ表示レベルは常に業界内の手本となっています。

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

持続時間&充電|iPhone 11 Pro Maxレビュー

今回のiPhone 11 Pro Maxは3969mAhの大容量電池を搭載し、前世代より大きくアップしました。これも今回のiPhone Proが重く、厚くなった主な原因です。iPhone 11 Pro Maxの持続時間は前世代のiPhone XS Maxより5時間長くなったとアップルは発表しました。これはとても強力です。筆者がこの数日間の使用において、日常に普通に使用しても、ヘビーユーザーが一日使用しても問題ありません。

iPhone11 Pro Max 充電アダプター

また、今回の充電において突破があり、もはや5V1Aの環境充電キットの付属品ではなく、C to Lデータケーブルと最高18W電力のPD充電器に変わりました。これは、充電に対して質の変化とも言えます。

筆者のテストを通して、アップルのオリジナル充電器を使用して、ピーク電力が約17Wですが、新iPhoneの充電レベルはこれだけではありません。さらに大きい電力のPD充電器を使用すると、iPhone 11 Pro Maxの最高電力は23Wに達します。この付属品の充電器はiPhone 11 Pro Maxの需要を満たすことが出来ませんでした。お金をかけてさらに高い電力のPD充電器を買わなければできません。

iPhone11 Pro Max充電性能テスト

iPhone 11 Pro Max充電電力変化過程

iPhone11充電性能テスト

iPhone 11充電電力変化過程

30W充電器を使用して充電テストを行ない、実測により0%から100%まで充電するのに1時間42分かかりました。意外にフル充電の時間がiPhone 11とほとんど変わりませんでした(11も30W充電器を使用)。iPhone 11 Pro Maxの電池容量はiPhone 11より859mAh多いということを知っておく必要があります。

2台のスマホの全体的な充電過程を比較して、2台の新iPhoneのピーク電力が20W以上に達していたことを見ることができます。iPhone 11 Pro Maxはピーク電力において高くて23Wであり、21Wで安定しているiPhone 11より充電電力が高く、ピーク電力の継続時間もより長いので、電池容量がより大きいiPhone 11 Pro Maxが逆に速く充電出来ています。アップルはこの世代において故意に差別化をしているようです。

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

他のいくつかの感覚|iPhone 11 Pro Maxレビュー

数日間、このスマホを使用して感じたのは、まず電波の問題です。Proシリーズは従来のLTE 4アンテナデザインであり、すなわち4×4 MIMOであり、電波のパフォーマンスは確かにアンドロイドのフラグシップ機より劣ります。同じ状況で、iPhone 11 Pro Maxにネットワークがないのに、表示状態が強い電波信号になっていることがよくあります。

スピーカー面において、筆者がiPhone 11 Pro Maxを使用している時、特にアップグレードした効果はなく、音量もほぼ同じであり、明確なアップグレードした感覚はありませんでした。

むしろ発熱が理解できませんでした。従来のWLANネットワークは少しネットを見て、数曲音楽を聴いただけで、スマホがとても熱くなります。もし、ゲームをしているなら、この温度は受け入れられますが、問題は音楽を聴くことと動画を見ることでは、理論上、プロセッサーのリソースを多く使わないはずです。また筆者は一年ほどXRを使っていますが、この問題はありませんでした。筆者は、ネット上で多くのユーザーがこの問題に反応しているのを見たので、個別の問題ではないと思います。後の放熱テストで、わたしは冷や汗をかきました。

iPhone11 Pro Max

ですからこれが、筆者が数日間アップル最新のフラグシップ機iPhone 11 Pro Maxの使用体験です。しばらくした後に、筆者はiPhone 11シリーズの詳細レビューをします。中にはさらに詳細なデータの比較、放熱テスト、電波テストなど、皆さんが注目している内容があります。この記事は前菜と言えるでしょう!

iPhoneの高価買取ならアメモバ!

iPhone 買取価格iPhone11 買取価格
iPhone11 Pro 買取価格iPhone11 Pro Max 買取価格 
iPhone XR 買取価格iPhone XS 買取価格
iPhoneXS Max 買取価格iPhoneX 買取価格 
iPhone8 Plus 買取価格iPhone8 買取価格
iPhone7 Plus 買取価格iPhone7 買取価格
iPhone6s Plus 買取価格iPhone6s 買取価格
iPhone6 Plus 買取価格iPhone6 買取価格
iPhoneSE 買取価格iPhone5 買取価格

当文書は 愛搞機 の許可を得て弊社が翻訳したものです。許可を得ずに画像および文書の転載などは禁止です。転載ご希望の方はcontact@amemoba.comまでお問い合わせください。

出所:愛搞機

翻訳者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com

-Apple情報, スマホレビュー
-

執筆者:

関連記事

iPhone次世代電源アダプター:18Wクィックチャージ+Type-C式インターフェース

  iPhone次世代電源アダプター:18Wクィックチャージ+Type-C式インターフェース iPhoneは、伝統的な5V/1Aの式充電器を廃止し、電源アダプターとケーブルは大きく変化し、ス …

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhoneX FaceID機能が故障したiPhoneXは無料交換可能?!

iPhoneX FaceID機能が故障したiPhoneXは無料交換可能?! 「なるほど、iPhoneXのバックカメラ、インカメラとTrueDpethカメラシステムが繋がっているんだ!」 壊れたiPho …

vivo S5レビュー:このホールは受け入れられる?

vivo S5レビュー:このホールは受け入れられる? Regan 愛搞機 2 days ago vivo S5、アイドルの蔡徐坤が使って、すばらしいスマホだと言ったものです。それは、彼のように歌ったり …

HUAWEI nova4

Huawei nova 4のレビュー|nova星人の新しいお気に入り

Huawei nova 4のレビュー|nova星人の新しいお気に入り 若者をターゲットにしたHuawei novaシリーズにまた新製品が出ました。今回は皆さんに新しい技術と新しいデザインのスマートフラ …

Vivo NEX3 5G版レビュー体験|「ウォーターフォールディスプレイ」に関して、あなたはこの何点かを知る必要がある

Vivo NEX3 5G版レビュー体験|「ウォーターフォールディスプレイ」に関して、あなたはこの何点かを知る必要がある From: 愛搞機靚仔們 本文作者丨Regan 画像丨陳不是 vivo NEX3 …

iPhone買取・修理のアメモバ

カテゴリー

iPhone買取・修理のアメモバ