iPhone高価買取・迅速修理なら上野・アメ横のAmemobaへ

tel

iPhone情報 スマホレビュー

iPhone11 レビュー|二代目絶品機種

投稿日:2019年10月2日 更新日:

iPhone11 簡単レビュー|二代目絶品機種

From: 愛搞機

本文作者:Hikari

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

初めにiPhone11の所感|iPhone11 レビュー

今年のiPhoneの戦略は去年とほとんど変わらず、2台のフラグシップ機プラス準フラグシップ機です。今回で異なるのは名称です。アップルはこの世代の準フラグシップを正統な「iPhone 11」シリーズと呼びました。他の2台のハイエンドのフラグシップは「Pro」と呼びます。

アップルもマーケティングを始めました。去年のiPhone XRの「R」は、青春版、もしくは低スペック版の印象を与えました。筆者は20日発売当日にアップルの直営店で1台を買いました。これから皆さんにiPhone 11の簡単なレビューをしたいと思います。

外観デザイン|iPhone11 レビュー

iPhone 11はiPhone XRのアップグレード版と見ることができます。まず、iPhone 11は外観においてiPhone XRの多彩なカラーを継続しました。ブラック、ホワイト、レッド、イエローにグリーンとパープルが新しく加わり、合計六種類のカラーです。その中でグリーンとパープルが人気です。

筆者が思うには、今回のiPhone 11の中で一番良いカラーはグリーンです。パープルもすばらしいです。他のカラーはiPhone 11を感じさせません。

iPhone11カラー

iPhone11デュアルカメラ

iPhone 11の外観において、最も突出した変化はカメラモジュールです。カメラモジュールの位置は依然として左上に死守しており、周りに一周して約1mm突起しています。カメラもシングルからデュアルにアップルグレードし、超広角焦点距離が加えられ、2つのカメラも若干出てきています。

iPhone11の背面appleロゴ

アップルのLogoも背面のセンスを考慮して中央に移動しました。下の方にあるiPhoneの標識もなくなり、とてもシンプルになりました。

デュアルカメラモジュール

iPhone11の背面デザイン

興味深いのは、iPhone 11の左上にあるカメラモジュールは磨りガラスを使っていますが、本体と他の部分はミラーガラスを使っています。カメラ、フラッシュライト、マイクの穴もiPhone XRより少し大きいです。本体の防水等級はIP67クラスからIP68クラスまでアップしました。

iPhone11のフロントデザイン iPhone11のフロントデザイン

これ以外に他の場所に変化はなく、依然として、ガラスとアルミ金属の組み合わせによるデザインで、競馬場の形のフレームで、本体のスリーサイズと重さでさえ去年のXRと同じです。

両者は触感において、区別はありませんが、iPhone 11のカメラに一層の磨りガラスカバーが加わっているので、洗練さにおいてXRは勝っています。

ギャラリー|iPhone11 レビュー

iPhone11の写真① iPhone11の写真② iPhone11の写真③ iPhone11の写真④ iPhone11の写真⑤ iPhone11の写真⑥ iPhone11の写真⑦ iPhone11の写真⑧ iPhone11の写真⑨

ディスプレイ|iPhone11 レビュー

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

6.1インチLCDディスプレイ、解像度1792×828、ppi326、P3色域に対応。

これは中国国内版で、Calmanに繋がらないので、ディスプレイの専門データをテストすることができません。

iPhone11のディスプレイ

アップルは去年にそれをLiquid Retinaディスプレイと称しており、今年も同じようにLiquid Retinaディスプレイと呼んでおり、前世代のスマホのディスプレイが継続していることを説明しています。

このディスプレイは実際の見た目はとても良く、色彩の遷移が自然であり、True Toneと組み合わさって、心地良く使うことができます。

しかし、このディスプレイにも二つの欠点があります。一つは解像度が低く、Pro版のiPhoneと2Kディスプレイのアンドロイドスマホのように精細ではありません。通常の使用距離では問題ありませんが、近くで見ると少しぼやけています。しかしながら、結構多い1080PAディスプレイよりも遙かにすばらしいです。

もう一つは明るさです。手動で最高輝度は650nitまでできますが、自動輝度補正がなく、直射日光の状況でディスプレイをはっきり見ることは少し苦労します。

性能|iPhone11 レビュー

この世代の新iPhoneはアップルの最新A13 Bionicチップを搭載しています。「Bionic」チップという名称はA11からA13まで伝承されており、コアの規模には大きな変化はなく、4つの効率コア(efficiency cores)に2つの性能コア(performance cores)が加わって、計6つのコアの構造となっています。効率コア(efficiency cores)の性能は20%アップし、消費電力が40%低下しました。

性能コア(performance cores)の性能は20%アップし、消費電力が30%低下しました。独自の4コアGPUは、20%の性能アップ、40%の消費電力が低下しました。ニューラルエンジン(Neural Engine)は8コアフレームを使用し、20%の性能をアップし、15%の消費電力を低下しました。

iPhone11のCPU性能テスト

CPU

iPhone11のGPU性能テスト

GPU

iPhone 11がテストをするとき、GFXBenchサーバーに繋がらなかったので、iPhone 11の性能はiPhone 11 Pro Maxを参考にすることができます。

性能の向上は、基本的にアップルが発表したことと一致しています。今回のアップルはGPUの向上の幅を緩くしました。GFXBenchの比較において、プレッシャーが比較的に小さいテストでは明らかに向上しており、高いプレッシャーのテストでは、わずかな向上です。テスト期間が短かったので、A13 Bionicのチップに関する詳細なパフォーマンスは、詳細レビューでまた細かいテストをしたいと思います。

また、今回の新iPhoneは最新の802.11ax規格、すなわちWi-Fi6に対応しました。アップルはローカルエリアネットワークの転送速度が38%アップしたと言明しました。データネットワークが便利なので、今回のiPhone 11は依然として2×2 MIMO、すなわちダブルアンテナを使用しています。信号面における具体的なテストは詳細レビューに残したいと思います。

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

撮影|iPhone11 レビュー

この世代のiPhone全体の最大の注目点は、アップグレードしたカメラ配置に他なりません。そこに一つの超広角焦点距離のカメラが加わりました。

メインカメラ:26mm、f/1.8絞り、1200万画素、光学手ぶれ防止、100% Focus Pixelズーム技術に対応しています。

超広角:13mm(120°)、f/2.4絞り,1200万画素;

フロントカメラ:f/2.2絞り、1200万画素、4K 60FPSビデオ撮影と120FPSスローモーションに対応します。

次世代のスマートHDR写真撮影、6つのエフェクトを備えたポートレートライティング。

いくつかのサンプルを撮影したので、参考にして下さい。

メインカメラ(昼間)|iPhone11 レビュー

昼間写真サンプル① 昼間写真サンプル② 昼間写真サンプル③ 昼間写真サンプル④ 昼間写真サンプル⑤

夜景|iPhone11 レビュー

夜間写真サンプル① 夜間写真サンプル② 夜間写真サンプル③

ナイトモード|iPhone11 レビュー

今回の新iPhoneはやっと夜間撮影モードを加えました。しかしながら、このナイトモードは自由にオンにすることができず、環境が適しているとスマホが判断した時に、画面上にナイトモードの選択が出てきます。その時にオンオフ、もしくは露出時間延長などを選ぶことができます。

ナイトモード写真サンプル① ナイトモード写真サンプル② ナイトモード写真サンプル③

超広角

超広角写真サンプル① 超広角写真サンプル② 超広角写真サンプル③

アップルの最適化の実力はなお非常に強力であり、メインカメラの画面と超広角の画面において、基本的に違和感はなく、ホワイトバランスの露光も充分です。

iPhone11 高価買取価格表はこちら

iPhone11 Pro高価買取価格表こちら

iPhone11 Pro Max 高価買取価格表こちら

充電|iPhone11 レビュー

このiPhone 11は依然として5V1Aの充電器が附属されています。実測を経過して、アップルのオリジナル18W充電器の、回線上の最高電力は約17Wでした。さらに大きい電力のPD充電器で充電の出力に驚きがありました。筆者も電流表でiPhone 11のゼロ電量からフル充電まで充電した過程を記録しました(テスト充電は30W PD充電器を使用)。

iPhone11の充電性能テスト

5分間の充電で10%、30分の充電で58%、1時間の充電で86%、フル充電は合計1時間44分必要でした。

iPhone11の充電性能テスト

面白いのはこのiPhoneの充電電力は最大23Wに到達することができることを発見したことです。充電の最初の17分間において、回線上の電力は基本的に20W以上に保つことができ、1時間ですでに86%の充電ができていました。ただ、後半の14%は40分ほども使ったということです。

まとめ|iPhone11 レビュー

iPhone11

筆者は一日の簡易的な使用の中で、手元にあるiPhone XRと比べて、使用状況の90%において、区別がありません。やはり重さとスリーサイズが同じだからなのでしょうが、筆者は現在まだこのスマホに対してさらに多くのテストとさらに進んだ使用を行なっていないので、このスマホに関するさらなる詳細のレビューを見たいなら、筆者が多く使用した後の詳細レビューをお待ち下さい。

iPhone買取なら東京・上野アメモバ

iPhoneの高価買取ならアメモバ

iPhone11 Pro Max 買取価格iPhone11 Pro 買取価格
iPhone XR 買取価格iPhone XS 買取価格
iPhoneXS Max 買取価格 iPhoneX 買取価格 
iPhone8 Plus 買取価格iPhone8 買取価格
iPhone7 Plus 買取価格iPhone7 買取価格
iPhone6s Plus 買取価格iPhone6s 買取価格
iPhone6 Plus 買取価格iPhone6 買取価格
iPhoneSE 買取価格iPhone5 買取価格 

当文書は 愛搞機 の許可を得て弊社が翻訳したものです。許可を得ずに画像および文書の転載などは禁止です。転載ご希望の方はcontact@amemoba.comまでお問い合わせください。

出所:愛搞機

翻訳者:Amemoba メディア運営チーム

HP:www.amemoba.com

-iPhone情報, スマホレビュー
-

執筆者:

関連記事

iPhone XSを秒殺する! アンドロイド機HuaweiMate 20来襲 | Huawei Mate20 レビュー

iPhone XSを秒殺する! アンドロイド機HuaweiMate 20来襲 | Huawei Mate20 レビュー 中国国産の携帯会社の巨頭として、Huaweiは最強の主力商品Mate 20シリー …

トリプルカメラ時代到来! HUAWEI P20 Proの背後にある画像技術を解析しました。HUAWEI P20 Proレビュー

トリプルカメラ時代到来! HUAWEI P20 Proの背後にある画像技術を解析しました。 現在の進歩した工業時代において、製品のあらゆる部品の技術的進歩は革新的なものです。 スマートフォンにおいても …

「埼玉県」さいたま市 iPhone高額買取ならアメモバに!

「埼玉県」さいたま市 iPhone高額買取ならアメモバに! iPhone8 Plusのレッドを買い取りました。高額買取ならアメモバに! 上野・秋葉原・松戸・柏・新宿・八王子・町田にて実店舗展開中。 本 …

お馴染みのシャオミ、Mi8,シャオミ8のデザインや性能の詳しいレビュー|Mi8レビュー

お馴染みのシャオミ、Mi8に対する詳しいレビュー 著者:卢家俊、「愛搞機」 2018年5月31日、シャオミは深圳大運センターで8周年記念作品-Mi8シリーズを正式に発表しました。その中にMi8、Mi8 …

OnePlus 7T Pro McLaren レビュー|5Gがなくても深くわたしの心をつかんだ

OnePlus 7T Pro McLarenレビュー|5Gがなくても深くわたしの心をつかんだ From: 愛搞機靚仔們 愛搞機 2 days ago 本文作者:Hikari 画像:陳不是 OneOlu …

iPhone買取・修理のアメモバ

カテゴリー

iPhone買取・修理のアメモバ